SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「いつも満腹」は免疫力の敵?食事で免疫力を上げる秘訣とは!?【免疫力の話】

Text:石原新菜

お腹いっぱい食べるのは逆効果

昔から「腹八分目に医者いらず」といわれます。今や、好きなものを好きなだけ食べられる環境となり、ついつい満腹になるまで食べてしまう人も多いでしょう。

しかし、お腹いっぱいと感じているときは、脳の満腹中枢が血糖値の上昇を感知し、「これ以上食べる必要はない」と体に伝えている状態なのです。それを超えて食べすぎてしまうと、肥満や自律神経の不調につながります。

つねに満腹の状態が続き、血糖値が高くなると、糖尿病などの生活習慣病の危険も増加します。そして、そのような状態になると、免疫機能が十分働かず、免疫力が低下してしまうのです。

健康で長生きするためには、常に腹八分目を意識して食事をしましょう。朝食と昼食の間は5時間以上あけ、寝る3時間前までには夕食を終えるのが、免疫力を上げる秘訣です。

また、食事のときには、メニュー選びも大切です。ラーメンやコンビニ弁当を食べるよりは、お店で定食を食べるほうが健康的です。

そのときに気をつけたいのはご飯の量。いくら健康的なおかずを選んでも、ご飯が多ければ、血糖値の急激な上昇を招き、免疫力は低下してしまいます。定食でのご飯は半ライスにし、食べ足りない分は、サラダなどの野菜で補うのがよいでしょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 免疫力の話』
著:石原新菜

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、健康で強い体を作るために大切な『免疫力』をテーマに、実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!新型コロナウィルスによる影響もあり、改めて注目が集まっている免疫力。すべてのウィルスによる攻撃や重症化を防ぎ、自分の体を守るためには免疫力を高めることが最も重要になります。本書ではそんな免疫の働きから、活性化させるカンタンな方法まで、すぐに使える実用的な情報を紹介。「そもそも免疫力ってなに?」「免疫力を高めるには〇〇を飲む」など、自分や家族の健康のために使える一生モノの知識が満載です!健康的で強い体を作りたい、家族の健康を守りたい、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー