SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

睡眠時間が短いと早死にしてしまう驚きの理由とは?【免疫力の話】

Text:石原新菜

免疫機能強化には睡眠が不可欠

近年、日本人の平均睡眠時間はどんどん短くなっていて、1日の睡眠時間が6時間に満たない成人はなんと4割以上。これは世界でもワースト1の数字です。考えられる要因は多々ありますが、なかでもインターネットの普及による娯楽の多様化、労働環境や男女の社会的役割の変化などが影響しているといわれています。

社会を支える成人の約半分が慢性的な寝不足という決して笑えない状態、これで日本の将来は大丈夫なのでしょうか?

人間の脳は睡眠中、半覚醒状態にある「レム睡眠」と完全に休眠している「ノンレム睡眠」を一定周期でくり返しています。

体をメンテナンスする「成長ホルモン」や抗酸化作用で老化を防ぐ「メラトニン」は、「ノンレム睡眠」中にとくに活発に分泌されるため、睡眠時間が短いとこれらの分泌量も少なくなってしまうのです。

つまり、慢性的な睡眠不足は体の酸化(=老化)が進みやすく、免疫力も低下した状態。こんな無防備な状態をいつまでも続けていれば、寿命を縮めることにもなりかねません。

一般に睡眠は1時間半~2時間で1サイクルといわれていますので、どんなに短くても4時間半は絶対、できれば毎日7時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 免疫力の話』
著:石原新菜

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、健康で強い体を作るために大切な『免疫力』をテーマに、実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!新型コロナウィルスによる影響もあり、改めて注目が集まっている免疫力。すべてのウィルスによる攻撃や重症化を防ぎ、自分の体を守るためには免疫力を高めることが最も重要になります。本書ではそんな免疫の働きから、活性化させるカンタンな方法まで、すぐに使える実用的な情報を紹介。「そもそも免疫力ってなに?」「免疫力を高めるには〇〇を飲む」など、自分や家族の健康のために使える一生モノの知識が満載です!健康的で強い体を作りたい、家族の健康を守りたい、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。