SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

勝手にタメができ飛距離がUPするスイングとは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

右手の力を使わずにクラブを下ろせば勝手にタメができる

自分のスイング動画をチェックしていただくとわかりますが、右手一本でスイングすると、なにもしなくても勝手にタメができます。できない人は切り返しで手を使い過ぎ。ボールに当てようとし過ぎと言ってもいいでしょう。右手に力が入るのでダウンスイングで手首が伸び、アーリーリリースになってクラブが先に落ちるのがわかると思います。

つまり、そうならないように右手を使えばいい。力を抜きクラブの重さが負担にならないように振ればいいのです。力を抜いたままクラブを下ろすとダウンスイングでクラブが立つ。これがタメの正体。タメは勝手にできるのです。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。