SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ショットの正確性がUPする体の重心位置とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

自分のセンターを把握し、クラブごとのボールの位置がわかってくれば、ボールをどこまでなら左や右にずらしても打てるかとか、これ以上ボールの位置がずれるともう打てないなどの目安がつかめます。自分のセンターを無視して、ただ漠然とボールを打ちやすいと感じるポジションにボールをセットしてしまうことがなくなるわけです。

そして、もうひとつ理解して頂きたいのは、自分のセンターは体の重心の中心と重なるということです。重心の中心の前にクラブヘッドをセットすれば、スイング軌道の最下点でボールをとらえやすく、ショットの正確性をアップさせる上で効率がいいのです。

重心が中心ということは、アドレスの体重配分が左右均等となります。

もし上体を左に移動すれば、重心が左に移動します。スイング軌道が左側にずれることになり、ボールの位置がそのままならダウンブローの軌道でとらえられます。逆に上体を右に移動させると重心が右側にずれて、スイング軌道の最下点がボールよりも手前となり、アッパーブローの軌道でとらえやすくなります。

重心をセンターからずらして打つ練習もしてみよう

体の重心位置のズレがミスショットの原因となることもあれば、傾斜地からのショットなど、あえて重心の位置を調整して打つのが奏効するケースも案外多いのです。自分のセンターを理解し、重心をセンターから左側や右側に外して構え、実際に打ってみるとどうなるかをテストする練習も大いに価値があります。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。