SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ゴルフの上手い人たちに共通する姿勢の良さとは!?【ナイスショットは骨で打つ!/福田尚也】

Text:福田尚也

優れたアスリートたちはみんな姿勢がいい

人間の体を家に置き換えて考えてみましょう。頑丈に造られた家の柱は真っすぐです。重力に対して垂直に立っています。垂直ということは、真上からの圧力に対しては強いということ。もし柱が斜めに傾いていたら、上からの圧力に簡単に押しつぶされてしまいます。それと同様で人間の体も骨にまかせて垂直に立っていれば、筋肉の作用は最小限で済ませられます。

私たち人間の普段の姿勢にも同じことがいえると思います。優れたアスリートの人たちと一般の人たちの立っている姿とか立ち振る舞いの何が違うのかなと思って見ていたら、アスリートの人たちは体の外側の力が抜けて内側の芯が 締まっているからでしょうか、自然体ですっと立っている感じが伝わってくることに気づいたことがあります。


変に力が入っていない反面、一本通った芯を感じさせる安定した姿勢がアスリー トたちの共通点だ。

操り人形のイメージで重力に対して垂直に立つ

アスリートの人たちは操り人形のごとく、頭の上から糸で吊り下げられているように体の無駄な力が抜けていますが、多くの一般の人たちは何か肩肘を張っていて、足も地面に対して踏ん張っている感じが多く見られるのです。 それとは反対に体の全部が緩んで、締まりのない姿勢で立っている人もよく見られます。

ゴルフの上手い人たちもアドレスの姿勢がいいことは共通です。アドレスとはこれから体を動かし出す姿勢のこと。力を出すためではなくて、スイングをスムーズに始動させるための体勢でなくてはなりません。 そんな視点に立って自分のアドレスを見直してはどうでしょうか。骨格をイメージするのはちょっと難しいかもしれませんが、まずは重力と垂直と立つような安定した姿勢を心がけてみてください。


体をほどよくリラックスできていれば、いつでもどこでも体を動かしだすことができる

【書誌情報】
『ナイスショットは骨で打つ!』
著者:/福田尚也

「骨に任せたゴルフスイング」というテーマで、JPGAティーチングアワード優秀賞を受賞した本書の著者・福田尚也プロ。 同プロのスイング作りは、「骨」(=骨格)をベースにした独自の方法だ。人によって、体型、筋力の違いはあっても、骨格や関節の使い方や動きは誰でも同じ。それを踏まえて、骨格と関節の視点でスイングを理解すれば、万人に共通する正しいスイングが身につく。 この本では、骨と関節、特に肩甲骨と股関節にポイントを置いた、福田プロの“骨スイング”の方法を具体的にひも解き、数多くの写真を交えてわかりやすく解説している。 骨スイングを身につけて、飛距離アップとショットの安定を手に入れよう!