SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アドレスの姿勢が悪い人は体の故障も多い!【ナイスショットは骨で打つ!/福田尚也】

Text:福田尚也

アドレスの姿勢が悪い人は体の故障も多い

アドレスはスイングをスムーズに始動させるための準備姿勢です。それが正しいポスチャーの大原則であるべきだと思います。

アドレスって皆さん同じような姿勢で構えているようでも、体が固まってしまう人がすごく多いのです。

ゴルフのアドレスは前傾姿勢を作りますから、正確には重力に対して垂直とはなりませんし、骨盤も前傾させて「骨盤が立った」姿勢となります。

大切なのは骨格がなるべく左右に歪まないように、できるだけニュートラルな体勢を作ることです。

ところが人間誰しも体が左右のどちらかに歪んでいるもの。普段の生活の中で重い荷物を持つことが多かったり、長時間のデスクワークや車の運転などを積み重ねたりしていると、体の歪みがアドレスにも現れてしまいやすいものです。

骨格のバランスが悪いと体に色々な負担がかかる

骨組みは骨の積み重ねであって、一つ一つの骨が左右均等に重なって入ればいいのですが、長い生活の中で左右のバランスが崩れるのは仕方のないこと。

でも、その習慣を見直し、アドレスを作るときも骨格をイメージして体のバランスを整えることを意識して頂きたいのです。

重力に逆らって両肩や両手を持ち上げるような姿勢になったり、操り人形の糸が緩みすぎて体が弛緩した姿勢になったりしてはいけません。

また重心が前や後ろにかかりすぎると、重心がかかっている側の筋肉を過度に使うことになります。要は骨格のバランスが良くないと筋肉に頼りすぎてしまい、結果的に腰痛や肩痛などのケガを引き起こしやすいのです。

長持ちスイングは骨格から考えることがとても重要です。

【書誌情報】
『ナイスショットは骨で打つ!』
著者:/福田尚也

「骨に任せたゴルフスイング」というテーマで、JPGAティーチングアワード優秀賞を受賞した本書の著者・福田尚也プロ。 同プロのスイング作りは、「骨」(=骨格)をベースにした独自の方法だ。人によって、体型、筋力の違いはあっても、骨格や関節の使い方や動きは誰でも同じ。それを踏まえて、骨格と関節の視点でスイングを理解すれば、万人に共通する正しいスイングが身につく。 この本では、骨と関節、特に肩甲骨と股関節にポイントを置いた、福田プロの“骨スイング”の方法を具体的にひも解き、数多くの写真を交えてわかりやすく解説している。 骨スイングを身につけて、飛距離アップとショットの安定を手に入れよう!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー