SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

いいスイングを生む骨盤を前傾させるコツとは!?【ナイスショットは骨で打つ!/福田尚也】

Text:福田尚也

重いものを持ち上げる感覚で骨盤を前傾させる

骨格から考えたポスチャーは「骨盤前傾」が大前提です。背骨のラインから真っすぐ通じるように骨盤を前傾させて構えるのです。

直立の姿勢を作り、骨盤から上体を前傾させますが、感覚としてはお尻を後ろに突き出すイメージです。重いものを持ち上げるときは、いわゆる「腰が入った」姿勢を作りますよね。別に腰にギュッと力を込めるわけではなく、腰を締めて安定させる。そんな感覚です。

骨盤前傾のコツをつかむには直立姿勢でクラブを腰の前に当てて、クラブを背中側に押しながら、軽くお辞儀する感じで上体を折り曲げるといいでしょう。

そして両ヒザを抜き、両腕を自然に下げたところで両手をグリップすればアドレスの理想形が完成します。


地面にあるボールを正確に打つには前傾姿勢が必須。そして骨格をイメージして効率よく動かしてクラブを正しい軌道に乗せるには、骨盤を傾けておくことが肝要だ。

骨格を意識することで、ほどよく脱力した「ニュートラル」なアドレスが作れる

上体を折り、骨盤を前傾させるときは「背骨の真っすぐ」をキープすることが大切だ。

【書誌情報】
『ナイスショットは骨で打つ!』
著者:/福田尚也

「骨に任せたゴルフスイング」というテーマで、JPGAティーチングアワード優秀賞を受賞した本書の著者・福田尚也プロ。 同プロのスイング作りは、「骨」(=骨格)をベースにした独自の方法だ。人によって、体型、筋力の違いはあっても、骨格や関節の使い方や動きは誰でも同じ。それを踏まえて、骨格と関節の視点でスイングを理解すれば、万人に共通する正しいスイングが身につく。 この本では、骨と関節、特に肩甲骨と股関節にポイントを置いた、福田プロの“骨スイング”の方法を具体的にひも解き、数多くの写真を交えてわかりやすく解説している。 骨スイングを身につけて、飛距離アップとショットの安定を手に入れよう!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー