SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

出会った瞬間、ビビッときて好きになってしまう『ひと目ぼれ』が本人の意思とは関係なく起こってしまう理由とは?【脳の話】

Text:茂木健一郎

感情が理論の先回りをするから

出会った瞬間、ビビッときて好きになってしまうのがひと目ぼれです。このひと目ぼれ、本人の意思とは関係なく起こってしまうことから、そこに脳の存在を感じずにはいられません。

この問題に関しては、これまでさまざまな実験が行なわれていますが、まだはっきりとした結論は出ていません。ただ、関連する研究があります。

それによれば、人間は最初の約2秒で、対象について判断を下しているようだ、というのです。

ある大学の授業を1学期間受けた学生と、その授業の動画を2秒間見た学生に、その授業の面白さを評価させるという実験を行なった結果、両者の評価はほぼ一致しました。

つまり人間は、非常に短い時間のうちに、さまざまな情報を受け止める能力をもっているようです。ひと目ぼれも、相手の外見、雰囲気といった情報を一瞬で受け止め、判断した結果でしょう。

これはまだ仮説の段階ですが、脳の構造とも一致します。

一般的に人間の脳では、論理を司る回路より、感情を司る回路のほうが情報処理の速度が速いといわれています。そのため、感情の情報が、論理を先回りしてしまうことがあるのです。

ひと目ぼれは、相手の情報がインプットされ、大脳新皮質が論理的に詳しく解析するよりも前に、感情の回路が「この人大好き!」という結論を出してしまった状態です。

人を好きになることは、直感によるところが大きいといえるでしょう。

脳は成長することができる!「脳の話」はこんな人におすすめ!

脳に対する関心が、年々高まっています。いわゆる「脳科学ブーム」から、最近ではさらに人工知能の発達による危機感も脳への興味の増大に結びついています。

このような時代に、人間の脳に求められることは何か日々、どのように暮らして、どんなことを心がければいいのか、子どもの教育はどうあるべきか。そのような問いを、専門家だけでなく一般の方々も自分や周囲に投げかけるようになってきました。

脳

本書は、脳についての興味深いトピック、知っておくべき基本的な知識を図解とともにまとめた一冊です。最初から最後まで読んでいただければ、読む前よりも脳についての理解が深まり、人工知能時代にも負けないで前に進む自信のようなものが生まれてくるかもしれません。

シリーズ累計220万部を突破した「図解シリーズ」の読みやすさ

図解シリーズは、右側に文章左側に図解が乗っているので、本が苦手な人にも理解しやすい構造になっています。

図解

図解シリーズには健康・実用だけでなく大人の学びなおしにぴったりな教養のテーマも。ぜひ手に取って確認してみてください!

脳力を最大限に高める方法とは?

どんな小さなことでもいいですから、何かに挑戦すると脳内の神経伝達物質であるドーパミンが分泌されます。ドーパミンは運動調節やホルモン調節のほか、快の感情、意欲、学習などに関わっていて、ドーパミンの分泌によって脳の回路が強化される「強化学習」という現象が起こります。そして、強化学習はドーパミンが分泌される前に行なわれていた行動を強化する働きもするのです。

体幹が弱くなるとバランスを崩しやすくなります。その結果、階段や玄関で足を踏み外す、浴室やフローリングの床など滑りやすい場所で転んで頭を打つなど、慣れ親しんだ自宅で重傷を負ってしまったというケースも少なくありません。

脳の遊び心をくすぐるゲーミフィケーション

「ゲーミフィケーション」を日々の仕事や学習に活用すれば、脳の活性化をはかることも可能です。苦痛と感じがちなことも、遊び心をもってとり組むと、脳の報酬系が刺激されて行動力、集中力が高まる。脳を活性化させるゲーミフィケーションのやりかたを解説します。

ゲームふぃけーしょん

「ひらめき回路」を鍛える方法とは?

ひらめいたり、とびっきり斬新なアイデアを思いついたりするのは、特殊な才能のように思っていませんか?でも、それは違います。ひらめきはどんな人の脳にも、もともと備わっている能力なのです。最近の研究では、脳には「ひらめきの回路」と呼べるものがあるらしいことがわかってきました。

このひらめきの回路は、くり返し使うことで鍛えられるという研究結果も報告されています。残念ながら、ひらめきの内容まではコントロールできないということですが、くり返し使って強化することで、ひらめきの頻度はどんどん上がっていきます。

ひらめき

AI時代の脳の活かしかた

★AIの知性と人間の知性とでは、どう違う?
★AIのIQは人間より高いの?
★人間の脳を人工的につくり出せる?
★これからの時代はどんな能力が求められる?

などなど気になるタイトルが目白押し!

ほかにも「脳が重い人ほど頭が良い?」など脳の基本の豆知識もご紹介!

いかがでしたか?個性といっても、一人ひとりが全く共通点がないわけではありません。人間である以上、どんな人の脳にも当てはまることはあります。

脳科学の役割は、個性を明らかにすることも、もちろんですが、その前にすべての人に当てはまる性質を調べることです。人工知能時代に自分を映す「鏡」として、本書を活用していただけたら幸いです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話』
著:茂木健一郎

なぜ、脳から意識が生まれるの? ひと目ぼれは、どうして起きる? 頭がいいって、どういう人? 人の脳は不思議でいっぱい。身近な疑問でナゾを解明! いまだに解明されない現代科学最大の謎といわれる脳。脳を知ることは、自分自身を知ることです。テレビや雑誌など、さまざまなメディアで活躍する脳科学者の著者が、脳の働きや仕組みを最新のトピックスや知識を使い、図解を交えてわかりやすく解説します。脳力を最大限に発揮させる方法から、「ひらめき回路」の鍛え方、、AI時代の脳の活かし方、脳の機能まで、疑問形式で楽しく読める脳の話が満載。仕事や学習、恋愛、人付き合いなど日常の生活でも役に立つ、脳のエンターテインメント教養本です。脳は自分を映す鏡。人工知能時代に負けない、ヒトの脳の大きな可能性がわかります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内