SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大脳の働きでさまざまな記憶がつくられる【脳の話】

Text:茂木健一郎

人はいろんな種類の記憶を使って生きている

記憶は、覚えておける期間によって、短期記憶と長期記憶に分けられます。短期記憶は、たとえば、出前を注文するときに一時的に覚える店の電話番号のようなもので、何かの作業をするときだけの短い期間の記憶です。長期記憶は内容によって陳述記憶と、非陳述記憶に分けられます。

陳述記憶は、言葉でいい表すことができる記憶で、エピソード記憶と意味記憶に分けられます。

エピソード記憶は、実際に体験した出来事の記憶です。感覚や感情も深く関連する長期間忘れない記憶です(脳の発達が未熟な3歳ごろ以前の幼児にはありません)。意味記憶は、くり返し反復して覚えた記憶、いわば「知識」のことです。使わないでいると思い出せなくなります。

こうした記憶の形成には、大脳辺縁系の海馬が深く関わっています。

見たり聞いたりして脳に入った情報は、海馬に短期記憶として一時的に保存されたのち、消去されます。しかし、海馬は、記憶を整理して覚えるべきものとそうでないものを選別し、覚えられるべきと判断した情報を大脳皮質に送ります。そこで記憶が固定され、長期記憶として保存されることになります。

脳をコンピュータにたとえるとすれば、海馬はメモリー、大脳皮質はハードディスクに相当するといえるでしょう。

一方、非陳述記憶は、運動が伴う記憶で、手続き記憶と呼ばれます。こちらは海馬でなく、大脳基底核と小脳が中心となって記憶を形成します。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話』
著:茂木健一郎

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「脳」について切りこんだした一冊。「なぜ、脳から意識が生まれるの?」「ひと目ぼれは、どうして起きる?」「頭がいいって、どういう人?」人の脳は不思議でいっぱい。身近な疑問でナゾを解明! いまだに解明されない現代科学最大の謎といわれる脳。脳を知ることは、自分自身を知ることです。テレビや雑誌など、さまざまなメディアで活躍する脳科学者の著者が、脳の働きや仕組みを最新のトピックスや知識を使い、図解を交えてわかりやすく解説します。脳力を最大限に発揮させる方法から、「ひらめき回路」の鍛え方、、AI時代の脳の活かし方、脳の機能まで、疑問形式で楽しく読める脳の話が満載。仕事や学習、恋愛、人付き合いなど日常の生活でも役に立つ、脳のエンターテインメント教養本です。脳は自分を映す鏡。人工知能時代に負けない、ヒトの脳の大きな可能性がわかります。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー