SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

骨盤がねじれている人の改善トレーニングとは!?【究極の骨盤リセットストレッチ】

ゆがみのタイプ別トレーニング

骨盤のゆがみには、前述の通り、大きく分けて7つのタイプがあります。まず自分がどのタイプなのか、客観的に見極めることがポイントになります。ところが、1つのタイプに限定できないという人も多くいます。骨盤がねじれて左右の高さも違うというような、複合型のタイプのほうが多数派です。複合型の場合は、いちばんゆがんでいる部分を見つけて、まずはそこから修正しましょう。

骨盤にかかわる筋肉は30もあります(股関節には23の筋肉が関与)。姿勢の悪さなどが原因で、骨盤にかかわる筋肉の数カ所だけが硬くなっても骨盤に影響が及びます。そのため、いろいろな動きを行い、筋肉のコンディションを整えることがゆがみの予防に役立つのです。

例えば骨盤が後傾している場合、腸腰筋が硬くなっていることが考えられます。そこで、腸腰筋をターゲットにしたストレッチで骨盤を正しい位置へと戻していきます。このようにターゲットの筋肉を意識することも大切です。

骨盤がねじれている人はこんな人

【タイプA】骨盤がねじれている
腸骨が食い違っている状態。骨盤がねじれていると腰椎もねじれ、全身のバランスをとるために胸骨もねじれます。

《ここをチェック》
●足の長さが違う
●ウエストのくびれが左右対称ではない
●靴の減り方に左右差がある
●片方のひざや肩がつらい
●食べるとき左右どちらかの歯で噛む
●歩くとき左右で歩幅が違う
●片足跳びをすると中心からずれる

骨盤がねじれている人の改善トレーニング

●ひざの抱え込み
回数:左右10秒×3セット

【1】仰向けになり、片方のひざを両手で抱える。このとき、背中を床にぴったりとつけておく。
【2】息を吐きながら、ひざをゆっくりと胸に引き寄せていく。左右でやりにくいほうを重点的に行う。

●斜め前方への前屈
回数:左右10秒×3セット

【1】脚を肩幅に縦に開きまっすぐ立つ。
【2】片方の脚を一歩前に出して、そのつま先に手をつけるように前屈する。左右でやりにくいほうを重点的に行う。

【書誌情報】
『究極の骨盤リセット・ストレッチ』
監修:福辻鋭記 アスカ鍼灸治療院院長

じつは、骨盤周辺が硬く、ゆがみやすい男性にこそ、試してほしいストレッチを紹介します。骨盤がゆがんで硬いと、背骨や脚など全身の骨がゆがみ、さらにその骨に付着している筋肉や血管、神経が引っ張られたり圧迫されたりして、体に負荷がかかります。その結果、・腰痛、肩こり、目の疲れがとれない・会社で、夕方からのがんばりがきかない・趣味のスポーツがなかなか上達しないといった不調を招いてしまいます。「疲れ知らず」のカラダをつくるために、ぜひ試してほしい骨盤リセット・ストレッチを紹介します。本書の骨盤リセット・ストレッチで鍛えれば、・日常生活→腰痛・肩こりがスッキリ解消・ビジネス→集中力・効率がアップ・スポーツ→運動能力アップ・ケガ予防など、パフォーマンスが段違いに上がります。