SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スウィング時に力みが抑えられ、同じ力感でクラブを振れる効果も期待できるスウィング時の息の吐き方とは!?【豊永智大のいつものスウィングに“ちょい足し”で飛距離激変!】

呼吸を使えばもっと飛ばせる!!

スウィング中、息を吸う・吐くタイミングに注意することで、ヘッドスピード1〜2メートル/秒くらいはすぐに変わってきます。

まず、トップで手の力が抜けない方の多くは、クラブを上げるときに無呼吸になるか、息を吸っていたとしてもテークバックの途中で止めています。すると、もっと高くクラブが上がるはずなのに、力んでいるから本来のトップの位置まで上がらないのです。

アドレスから始動したらすぐに、トップまで息を吸い続けます。吸う動作と、クラブを持った手を動かす動作を連動させましょう。テークバックがゆっくりになりすぎるクセのある人には「息を吸う」を意識することで、ある程度スピードが出てくる効果もあります。

そして、切り返しから息を吐き始めます。ボクサーがパンチを打つときに「シュッ」と口に出したり、卓球やテニスの選手がボールを打つときに声を出すように、息を吐くことで力を出せるのです。ドラコン競技でも、インパクトで大きく声を発する選手をよく見かけます。

ただし、息の吐き方にはポイントがあります。それは、インパクトで吐くのを止めないこと。テークバックで「吸う動作と、手を動かす動作を連動させる」と言いましたが、吐く動作も同じです。

インパクトで呼吸が止まると、フォローが出にくくなり、ボールに当てるだけのスウィングになってしまいます。

最後まで息を吐き切ることで、フィニッシュまでスムーズにクラブを振り切れるようになります。クラブ=手が動く距離はダウン以降のほうが長いので、当然、吸うよりも吐く時間のほうが長くなることも意識しましょう。

息の使い方をマスターするために、家でもできるドリルを紹介しています。呼吸を意識づけるうえでも、ドリルでは「スーッ」「フーッ」と声に出しながら行うことをおすすめします。

この練習を行うことで、ヘッドスピードの加速につながります。

また、スウィング時に力みが抑えられ、同じ力感でクラブを振れる効果も期待できるので、ぜひやってみてください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.11』

【レッスンプロ情報】
●豊永智大
ゴルフ場で10年間の研修生生活を送ったあと、インストラクターに転身。ドラコンプロとしても活動し、2019年GD日本大会で402ヤードを記録して優勝、同年世界大会に出場した。現在はJPLA所属プロとして大会に出場する傍ら、パーソナルゴルフレッスンスタジオLOWMEL BEARでパーソナルトレーナーを務める。190センチ・120キロ。ライトカフェ所属。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内