SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離アップできる加速スウィングを身につける「右手1本で棒を持ち速く振る」ドリルとは!?【三觜喜一スウィングの肝教えます】

アプローチショットをミスしない2つの鉄則とは?

試しに、右手に棒を1本持って目一杯振ってみてください。振ってみると棒が加速して動いていることがわかると思います。つまり、速く振ろうとすればスピードが出るということです。

では、目の前にボールを置き、棒をクラブに換えて振るとどうでしょう? 多くの人は、ボールに「当てよう」として、速く振ることより当てることを優先します。

これが、ヘッドスピードを減速させる大きな原因になっているのです。

ということで、まずは右手1本で棒を速く振る練習をしてみてください。右手1本で加速感を感じながら素振りをします。

速く振ろうとすると、トップが最も力の出せる位置に収まります。速く振るためには、力の出せる位置にクラブを上げなければなりません。これは人によって違い、アップライトに上げようが、フラットに上げようが関係はなく、その人にとって最も力が出せる位置であれば問題はないということです。

また、動画にはないですが、速く振れるようになったら板状のモノを叩く。これを練習して常に同じ位置に棒が当たるようになったら速く振れている証拠です。

その次に、右手1本で棒を持ちボールを打ってみます。速く振れていればボールに当たるようになります。棒でボールを打ってみると、ボールに当たる時は腕がしっかり振れて身体の中心が動きません。当たらない時は、腕と身体が一緒に動いています。

右手1本の素振り、右手1本のボール打ちでスウィングの肝を作ってください。

この練習を重ねれば間違いなく飛距離は伸び、スウィングの再現性も高くなります。

※棒でボールを打つ際は、周囲に充分注意してください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。