SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右肩が前に出て起こるスライスの直し方とは!?【三觜喜一のスライスの直し方】

三觜喜一のスライスボールもたった3秒で真っすぐにアナタのミスをアドレスで直します!

ドライバーショットでいろいろなミスが出る。その原因は、「スウィングにある」と考え、必死にスウィング修正に取り組むゴルファーが多いが、実はほとんどの場合、アドレスに問題があると三觜喜一プロはいう。果たして、その問題点とは? 症状別に解決法を教えてもらった。

右肩が前に出て起こるスライスの直し方とは!?

【BAD】身体を目標に向けてしまうと右肩が前に出たアドレスになりやすい
目標を確認するとき、目標をしっかり見ようと上体を目標に向けてしまうことがある。そうすると右肩が前に出てしまい、これを元に戻さないと、右肩が前に出た構えになる。

【NG】右肩が前に出た構えだとカット軌道になってスライスに
構えたときに右肩が前に出ていると、アウトサイドインのカット軌道になりやすい。その結果、スライスが出やすくなってしまう。

●顔だけで目標を確認すれば両肩のラインは崩れない

<三觜> 軸を右に傾けたけど、まだスライスが止まらない。そういう場合はどうするか?

<幡野> さて、どうしましょう。さすがに今度はスウィングを疑っちゃいます?

<三觜> いや、まだチェックするべきところはいっぱいある。次に疑うべきは両肩のラインが目標に対してスクェアになっているかどうかだね。

<幡野> それもとっても大事ですよね。「肩、腰、ヒザ、ツマ先のラインはスクェアにセットしろ」ってよく言われますもんね。

<三觜> ほとんどのゴルファーがその重要性を知っていて、構えに入るとき必死にスクェアに合わせる。ところが、そのあとの何気ない行動がすべてを台無しにしてしまうんだよね。

<幡野> 何ですか、その何気ない行動って。

<三觜> 構えたあと、打つ前にもう一度目標を確認するよね。実はあの行動に問題がある。

<幡野> えっ!構えたあと目標を見ちゃいけないってこと?

<三觜> そうは言っていない。見てもいいんだけど、その見方が大事。

<幡野> 見方なんか気にしたことなかったなあ。

<三觜> やってはいけないのは、身体ごと目標を見てしまうこと。というのも、上体を目標に向けると右肩が前に出てしまうでしょう?それをちゃんと元に戻せばいいんだけど、ほとんどの人が右肩を前に出したまま構えてしまう。そうすると…。

<幡野> スウィング軌道がアウトサイドインになってスライスしやすくなるということですね。

<三觜> そういうこと。だから、ターゲットを確認するときは両肩を動かさず、首だけを回すようにする。

<幡野> なるほど。そうすれば肩のラインが崩れないのか。

<三觜> 細かいことだけど、実際この動きだけでスライスになることがあるからね。目標をしっかり確認しようとすればするほどボールが曲がる危険性が増えてくる。

<幡野> これは気を付けなくちゃ。恐るべし、アドレスって感じですね。

【GOOD】顔だけで目標を確認すれば、両肩のラインが崩れない
首を回して目標を確認すれば両肩とも動くことはないので、最初の構えでスクェアに構えていれば、スウィング軌道も崩れにくい。練習のときから、目標は顔だけで見るクセをつけておこう。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー