SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPに繋がる!世界標準の〝お釈迦様〟グリップとは!?【板橋繁のノーリストターンで飛ばす!G1スウィング】

世界標準のスウィング
ノーリストターンで飛ばす!G1スウィング

ノーリストターンだから飛んで曲がらない「G1スウィング」。右手が下のまま手を返さないダウンスウィングが特徴的ですが、大事なポイントはスウィングの前半にも数多くあります。世界標準は、バックスウィングも常識とは〝真逆〟です。

世界標準は〝お釈迦様〟グリップ!

グリップはゆるく、柔らかく
世界標準のG1スウィングは、グリップも日本標準とは違います。キーワードは〝ゆるゆる〟。日本標準スウィングでは、「右手の親指と人差し指の間をきつく締めろ」とよく言いますが、それをするとその2本の指がスウィング中にクラブの動きに干渉しやすく(悪さをしやすく)なってしまいます。世界標準のG1スウィングでは、右手は「お釈迦様」の指の形のように親指と人差し指の付け根はできるだけゆるめ、握るというよりは挟むような感覚でクラブを持ちます。親指はグリップの真上ではなく斜めに当てることもポイントです。

そうすると、バックスウィングの過程で慣性で上がってきたクラブが親指と人差し指の間に自然に入り込み、そのあとトップにかけてシャフトが倒れ込みやすくなってクラブが身体に巻きつきます。前ページでお伝えしたとおり、トップでは右手は出前持ちのような形にはならず、やや手のひら側に折れ曲がった「グー」の形になります。左手に関してもきつく握ることはせず、ちょうど小指でグリップを引っ掛けているくらいで、その他の指はすっぽ抜けない程度に包み込んでいるくらいの力加減です。そうすると手首と前腕が連動してスムーズに動きます。親指は右手と違ってグリップの真上に当てましょう。この〝ゆるゆる〟グリップだからこそ、クラブの遠心力を感じてスウィングすることができるのです。

●右手の親指と人差し指の間にクラブが入り込む!
お釈迦様グリップが正しくできていれば、バックスウィングが腰の高さあたりでグリップが右手の親指と人差し指の間に入り込んできます。きつく握りしめているとそうはならず、バックスウィングの後半からトップにかけてシャフトの倒れ込みが不足するので気をつけましょう。

●トップで右手は「グー」!
トップは軽いシャフトクロスになると説明しましたが、お釈迦様の指の形でグリップをゆるく握っていれば、トップで右手が「グー」の形になって自然とそうなります。正しいトップは正しいバックスウィングから、正しいバックスウィングは正しいグリップから生まれることを知っておいてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。