SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

曲がりを抑えて飛距離UPする為に修正すべきドライバーとアイアンの入射角とは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

●曲がりを抑えて飛距離アップ
アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で数多くのアマチュアゴルファーから高い評価を得ている菅原大地。今回のテーマは、多くのゴルファーが悩む“曲がり”について。どうすれば曲がらない球を打てるようになるのか?曲がりのメカニズムと、曲げない打ち方を教えてもらった。

入射角の修正法

『ドライバーは右肩の上がり過ぎ、アイアンは左肩の上がり過ぎに注意』

●入射角によるエラーは肩のラインで調整
ドライバーで球がつかまらずに右に曲がるという場合、スウィング軌道がダウンブローになっているケースがよく見られます。

この問題を解決するためには、軸を右に傾け、右肩を下げ、体重も右足にしっかり乗せて構えることが大事。そうすれば球がつかまって、右への曲がりが抑えられます。

一方、アイアンがつかまりすぎる場合は、アッパーに打ち過ぎていないかどうかをチェックしましょう。

アイアンの場合、グリップをしている間に肩に力が入り、肩のラインが左上がりになることがよくあります。そうすると、インパクトで左肩を上に引っ張ってしまうので、アッパー軌道になってしまいます。

こういう場合は、アドレスの際、左肩をダラーンと脱力させてからクラブを握りましょう。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.8』

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー