SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

世界標準のG1スウィングで本当の飛距離を生み出す“招き猫”フィニッシュとは!?【板橋繁のノーリストターンで飛ばす!G1スウィング】

世界標準のスウィング/ノーリストターンで飛ばす!G1スウィング

数々のスウィングの常識を覆してきた「G1スウィング」もいよいよ完成に。〝ノーリストターン〟〝スウィングレフト〟そして〝後半加速〟。世界標準の真骨頂は、インパクトの〝後〟にあり!

世界標準は後半加速!

●インパクト〝後〟もスウィングが加速する
日本の多くのアマチュアゴルファーの方はインパクト、つまりボールが当たる瞬間にヘッドスピードが最大になるようにスウィングし、そうすると飛ぶと思っているようですが、それは違います。


手を返してグリップとヘッドの位置関係を急激に入れ替える打ち方はヘッドが走るような感覚を持つので飛びそうな気がしますが、実際は身体の動きを止めてそれを行うためにヘッドが減速する過程が生まれ、エネルギーを効果的にボールに伝えることができません。

一方で世界標準スウィングは、フィニッシュまで身体を止めることなく回転し続けるので、インパクト以降もヘッドスピードは加速します。スウィング中にヘッドが減速する過程が生まれないので、エネルギーを最大限ボールに伝えることができるのです。このインパクト後(フォロースルー)でヘッドスピードが最大になる意識を持つことによって身体の回転がスムーズになり、前のページで説明した〝スウィングレフト〟も正しく行えるようになるのです。

●フィニッシュは自然に生まれる
G1スウィングではバックスウィングでフェースを開いたら、そのあとフェースターンさせることはないのでダウンスウィングの途中からはフェースは空を向いた状態になります。そのため、フォロースルーからフィニッシュにかけてクラブヘッドには身体の回転に伴って飛行機の翼のように揚力(浮力)が発生し、クラブは自然に上昇していってフィニッシュを迎えます。大切なことは、フィニッシュの形を作ろうとしてクラブを持ち上げたり動かそうとはしないことです。あくまでも自然にフィニッシュは形作られることを知っておいてください。


●世界標準は“招き猫”フィニッシュ!
世界標準スウィングのフィニッシュは、グリップが左耳の横に来て、左前腕は地面と垂直になり、シャフトは地面と平行になります。「招き猫」のように左手の手のひらと右手の甲がターゲット方向を向くのが正しいフィニッシュの形です。


出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!