SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

守備側のミスの時の誰も損をしないWin=Winの記録術とは【スコアラー豆知識/NPB監修】

誰も損をしないWin=Winの記録術

ヒットかエラーかについて、今度は守備目線で考えてみましょう。ピッチャーが打ち取ったフライが、外野手の前でバウンド しバンザイしてしまって後逸。外野を転々としている間に、打った人までホームインしてしまった。少年野球の中でも、とくに野球を始めて間もない子が守るときや、低学年の試合ではよくある光景です。ピッチャーの自責点まで集計するチームは、そんなに多くはないでしょうが、いくら「打者有利に」とはいっても、ランニングホームランと記録したら、ピッチャーがかわいそう。打ったバッターも素直に喜べませんよね。明らかに守備側のミスなら「ヒット+エラー」にしてあげればいい。ピッチャーには自責点がつかないし、バッターにもヒットは記録されます。これは誰も損をしない、Win=Winの記録術です。

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。