SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スコアブックをつける上で最低限知っておきたい野球のルールとは?【スコアのつけ方/NPB監修】

最低限の野球のルールを覚えよう!

スコアブックをつけるために、まずはルールを知らなければならない。とはいっても、野球のルールは、他のスポーツと比べて、複雑で、多岐に渡っている。初心者がルールブックを読んでも、理解するのは難しい。そこでまずは、スコアブックの記入に必要な最低限のルールだけでも覚えよう。難しいルールは、試合を見ていて疑問があったら、その都度勉強していけばいい。

スコアブックをつける上で最低限知っておくべき7つのルール

●ピッチャーが投げてバッターが打つ
野球は、両チームが交互に攻撃を行って、得点を奪い合うゲームだ。攻撃とは、守備側のピッチャーが投げたボールを、バッターが打つこと。その打球によって、アウトになったり、セーフになったりする。

●ストライクが3つで三振になる
打率や打点といった数字は、1試合だけではデータになりづらいが、一定期間の記録を集計することで意味を持ち始める。このデータを、練習に取り組むモチベーションにすることもできる。

●ボールは4つでフォアボールになる
ストライクゾーンを外れると、ボールになる。ボールが4つで四球となり、バッターは安全に一塁が与えられる。

●バッターが早ければセーフ送球が早ければアウト
バッターはボールを打ったら一塁へ走る。守備側はゴロを捕って一塁へ送球。どちらが早いかによって、アウト、セーフが決まる。

●一塁、二塁、三塁と進み本塁へ帰ると得点になる
ランナーは、一塁から二塁、二塁から三塁と、先へ先へと進塁することを目指す。途中でアウトにならずに、本塁まで帰れば得点になる。

●フライになった打球をノーバウンドで捕ればアウト
バッターが打ち上げた打球のことをフライという。守備側の選手が、フライをノーバウンドで捕ると、アウトになる。

●アウトが3つで攻守交代「チェンジ」
アウトが3つで、攻守が交代する。これを「チェンジ」という。攻撃側は、3アウト前に得点を狙う。守備側は、その前に3アウトを目指す。

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。