SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

犠牲バントや犠牲フライは自己犠牲によるチームプレイ!【スコアのつけ方/NPB監修】

犠牲バントと犠牲フライ

バントをした本人はアウトになり、ランナーだけが進塁すると、送りバント(犠牲バント)として他のアウトとは区別する。また自分もセーフになると、内野安打(バントヒット)になる。フライによる進塁で得点したものも、犠牲フライとして区別する。こうした犠牲バントや犠牲フライは打数には数えない。

犠牲バントは四角で囲む

犠牲バントは、捕球〜送球の数字を、四角で囲む。他の記入法もあるが、見やすく集計しやすいのでおすすめ。

失敗したときは「BH」と書く

送りバントが失敗したときは、通常のバッティングと区別するため、「BH」とつけておく。

犠牲フライは三角で囲む

犠牲フライは、捕球したポジションの数字を三角で囲む。打数には数えず、打点がつく。

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。