SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離を出す為に優先すべきドライバーの絶対要素とは!?【ゴルフは科学で上手くなる!/石井忍】

Text:石井忍

クラブスピードとミート率の関係

ドライバーの飛ばしの絶対要素は、まず「ボールスピード」です。

ボールスピードは男性も女性も速いほうが断然有利です。多少のパワーロスも、スピードがあればカバーできます。

クラブヘッドを振る速さをヘッドスピードとかクラブスピードといいますが、クラブスピードがないと当然ボールスピードも出ません。

しかしながらクラブスピードが遅いプレーヤーでも、高いミート率でしっかりとインパクトできればボールスピードを上げることができます。

まずは、クラブをどのくらいのスピードで振れているかということと、それに対してスマッシュファクター(ミート率)はどうなっているかというところに着目して頂きたいと思います。

ミート率もボールスピードを上げる要素

これまでの飛ばしの要素といえば、「ヘッドスピード」「ミート率」「打ち出し角」の3つといわれていましたが、私が優先しているのは「ボールスピード」「打ち出し角」「スピン量」の3つです。

当然ボールスピードにはミート率も大きく関係しています。ミート率が上がれば、ボールスピードも自然にアップしていきます。

【書誌情報】
『ゴルフは科学で上手くなる! 科学が明かすスイングの原則と上達法』
著者:/石井忍

時代の流れとともにクラブやボールなどの道具が進化してきたが、それに合わせるようにゴルフスイングの研究や分析も進んできた。本書の著者は、スイングをメカニズムの視点で考える「物理的運動」として理解し、それに「スポーツ的運動」の要素を加えることが大事と考えている。スイングを物理的視点から考えると多くの発見があり、スイングの本質に近づいてく。この本はスイングを型にはめて解説するだけのレッスン書ではなく、スイングを科学的に学びたい人に向けた教科書である。その上で正しい体のアクションを覚えれば、上達のキッカケづくりに必ず役立つ格好の一冊といえる。