SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ターンで使えるロールアウトストップとは!?/試合で使えるドリブルテクニック【サッカーレベルアップ】

試合で使えるドリブルテクニック

自分の得意なドリブルを作ることは大事ですが、試合で使えなければ宝の持ち腐れです。状況によってはドリブルの選択を変える必要があります。すべては試合で勝つため、ゴールを決めるために何がベストなのか。実戦で使えるテクニックを紹介します。

ターンで使えるロールアウトストップ

『ボールを弾いて素早くターンにつなげる』

●ロールから弾くまでのスピードを速くする
サイドでの1対1や、パスのフリをしてターンする場面で使えるロールアウトストップ。ボールを足裏で転がしてからアウトで止めていきます。ポイントはロールからボールを弾くまでのスピードを速くすること。そのためには、ボールと足の接地時間を短くするためにアウトサイド気味に足を入れてボールを転がしていきます。足裏の内側で入りはしますが、すぐに足裏の外に流すイメージです。

【1】ボールの真上から足裏でロールしていく。大きな動作を心がける


【2】【3】ロールしてからアウトでボールを弾くまでの速度を速くする


【4】着地した足のつま先を正面を向けてキープするイメージ


【5】【6】重心移動して方向転換し相手をかわしていく


【ココに注目】アウトサイド気味に ボールにコンタクト
足の切り替えを速くするために、アウト気味にコンタクトする。ヒザを曲げた状態からヒザを伸ばすイメージで練習しよう。


出典:『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』監修/石関聖

『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』
監修:石関聖

サッカーの基本的なテクニックをわかりやすく解説した実用書。ジュニア、ジュニアユース世代をターゲットに、上達するための考え方や具体的なテクニック、基本スキルから1対1のドリブルのポイント、1人で出来るボールテクニックを上達させるための練習法など、手軽に実践できるレベルアップ方を解説します。元プロサッカー選手であり、監督経験もある監修者による実演シーンを、段階写真でわかりやすく、習得しやすいテクニックが満載です。要所にQRコードを掲載しており、監修者がYouTubeでテクニックを披露している動画も併せて確認できます。