SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

コースを作り意表を突くセルフボレーとは!?/試合で使えるドリブルテクニック【サッカーレベルアップ】

試合で使えるドリブルテクニック

自分の得意なドリブルを作ることは大事ですが、試合で使えなければ宝の持ち腐れです。状況によってはドリブルの選択を変える必要があります。すべては試合で勝つため、ゴールを決めるために何がベストなのか。実戦で使えるテクニックを紹介します。

コースを作り意表を突くセルフボレー

『シュートコースがないときは空間を使えばOK』

●ボレーのための空間を自ら作る
ゴール前でディフェンスが目の前にいる。シュートを打ちたいがコースを塞がれている場面。ボールを浮かせて相手の横の空間を使えばゴールを狙うことは可能です。自らボールを上げるセルフボレーは、相手の意表を突くことにもつながります。ポイントは、ボールを上げる際にVの字に動かしていくこと。相手の足が届かない高さにボールを上げます。一連の動作はスピーディーに行いましょう。

【1】【2】Vの字を描くようにボールを動かし上げる
斜め前からボールを引いてくる


【3】斜め前にVの字を描くようにボールを浮かせる


【4】上げた足をそのまま一歩目にする


【5】ディフェンスの足が届かない空間を狙う


【6】良い位置にボールを浮かせば虚を突いてシュートを狙える


【ココに注目】ボールを引いてから浮かすまでを速く
大事なのはボールを引いてから上げるまでの動作を速くすること。相手が何をしたのか分からないくらいが望ましい。


出典:『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』監修/石関聖

『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』
監修:石関聖

サッカーの基本的なテクニックをわかりやすく解説した実用書。ジュニア、ジュニアユース世代をターゲットに、上達するための考え方や具体的なテクニック、基本スキルから1対1のドリブルのポイント、1人で出来るボールテクニックを上達させるための練習法など、手軽に実践できるレベルアップ方を解説します。元プロサッカー選手であり、監督経験もある監修者による実演シーンを、段階写真でわかりやすく、習得しやすいテクニックが満載です。要所にQRコードを掲載しており、監修者がYouTubeでテクニックを披露している動画も併せて確認できます。