SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アスリートによく見られる腰痛の種類とは!?

腰痛はどうして起こるのでしょう。

整形外科的な問題から内科的な問題、さらには精神的な問題までその原因はさまざまです。

アスリートによく見られる腰痛の種類としては、「腰椎分離症・腰椎すべり症」「腰椎椎間板ヘルニア」「急性腰痛症(ギックリ腰)」「筋筋膜性腰痛(腰痛症)」などが挙げられます。

その多くは手術療法ではなく、運動指導を中心とした保存療法です。

腰が痛いと感じてからプレーに支障が出る状態、 痛みが長引く状態であれば早めに整形外科を受診し、医師の診察を受けるようにしましょう。

疲労が原因となる腰痛であれば、ほんの少しの心がけで腰の痛みが軽くなることがあります。

【書誌情報】
『基礎から学ぶ スポーツセルフコンディショニング』
著:西村典子(アスレティックトレーナー)
近年、セルフコンディショニングという言葉を聞けば、自分自身で自分の体を良い状態に保つための取り組みであることが理解されるようになってきましたが、やはり、その内容は奥が深く、まだまだ正しい知識が広まっていないのが現状です。そこで、本書では、数々のプロスポーツ選手を指導した経歴を持つ日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーである西村典子氏による環境に頼らず自分自身をアップデートする基礎から学ぶセルフスポーツコンディショニングを3つのパートに分けてわかりやすく紹介。結果を出すアスリートは必ず実践しているコンディショニングは必見です。