SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

熱中症を予防する為の水分のとり方とは!?

熱中症を予防する水分補給

熱中症を予防するためにはこまめな水分補給が欠かせません。人間は1日に約2.5ℓもの水分を失っており(尿:約1500mℓ、※不感蒸泄:約900mℓ、便:約100mℓ)、汗をかきやすい暑い時期はより意識して水分補給を行う必要があります。

日本スポーツ協会では熱中症予防のための水分補給として、0.1〜0.2%の食塩 (ナトリウム 40〜80 mg/100mℓ)と糖質を含んだ飲み物を推奨しています。特に長時間運動をする場合は筋けいれんを予防するためにナトリウム濃度をやや高くし、4〜8%程度の糖質を含んだものを取り入れましょう。糖質をとることは運動中のエネルギー源として利用されるだけではなく、水分摂取においても腸からの吸収スピードを高める役割があるといわれています。

水分補給の基本としては「こまめに」とることが大切です。

一度に大量の水分を摂 取するとお腹が重くなって動きが鈍くなるだけではなく、かえって体内の電解質バランスを崩し、体調不良を引き起こす原因ともなってしまいます。

運動中は30分程度を目安に一口〜200mℓ程度の飲み物を数回にわたってとるようにします。

また飲み物の温度は極端に冷えているものは胃腸に負担をかけやすいため、常温か少し冷たいかなと感じる8〜13°C程度のものを準備しましょう。

人間の喉の渇きに対する感覚は鈍く、「喉が渇いた」と感じる頃には、すでに軽度の脱水状態であるともいわれていま す。

水分補給の基本は「喉が渇いた」と感じる前に飲むということをぜひ覚えておきましょう。

【書誌情報】
『基礎から学ぶ スポーツセルフコンディショニング』
著:西村典子(アスレティックトレーナー)
近年、セルフコンディショニングという言葉を聞けば、自分自身で自分の体を良い状態に保つための取り組みであることが理解されるようになってきましたが、やはり、その内容は奥が深く、まだまだ正しい知識が広まっていないのが現状です。そこで、本書では、数々のプロスポーツ選手を指導した経歴を持つ日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーである西村典子氏による環境に頼らず自分自身をアップデートする基礎から学ぶセルフスポーツコンディショニングを3つのパートに分けてわかりやすく紹介。結果を出すアスリートは必ず実践しているコンディショニングは必見です。