SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

休み明けの月曜はどうして仕事や学校に行きたくないのか?【図解 ストレスの話】

Text:ゆうき ゆう

気合を入れるとつらい気持ちはむしろ強まる

ストレスを前向きに受け止めることは大切ですが、つらいことを気合だけで乗り切ろうとすると、嫌だと思っていることがますます嫌になってしまうことがあるのです。これを心理学では「生理的覚醒による優勢反応の強化」といいます。具体的には朝、「仕事に行きたくない」と思いながら自分の頬をパンパンと叩いて「がんばろう!」と気合を入れます(=生理的覚醒)。すると、「がんばろう!」という気持ちとは裏腹に、より強く思っている「仕事に行きたくない」という気持ちの方が上回ってしまうのです(=優勢反応の強化)。この心理傾向は月曜日に特に目立ちます。自殺は月曜に多く発生しますし、心療内科の初診患者も月曜に多くなります。休み明けの月曜はどうしても仕事や学校に行くのが億劫(おっくう)になるもの。そこで真面目な人ほど気合を入れてがんばろうとするわけですが、かえってストレスが強まって心のバランスを崩してしまうと考えられるのです。

つらくても「気合が足りない」「気の持ちようだ」と考えるのはNG。そんなときにこそ意識してほしいのが「とりあえず」というキーワードです。「とりあえず家を出よう」「とりあえず会社の近くまで行ってみよう」など、自分に課す課題のレベルを思いきって下げてみましょう。スモールステップでひとつずつクリアすることが心をラクにし、つらさを乗り切る自信にもつながります。

『図解 ストレスの話』はこんな人におすすめ!

・自宅でできるストレス解消法を知りたい
・なにがストレスの原因なのか知りたい
・急な頭痛や腹痛もストレスの一部であった?

と感じている方には大変おすすめな本です。

ストレス社会の現在、コロナの影響で環境が変化したことも加わり、仕事や家庭などでたまったストレスからくる心身の不調に悩んでいる人が増えています。そんな諸悪の根源であるストレスの解消法を医師が解説!

シリーズ累計250万部を突破した「図解シリーズ」の読みやすさ

図解シリーズは、右側に文章、左側に図解で解説という形で構成されているので、本が苦手な人にも理解しやすい内容です。

図解シリーズには、健康・実用だけではなく大人の学びなおしにピッタリな教養のテーマも満載。さくっと読めてしまうのに、しっかりとした専門家の知識を身につけることができるのが最大の魅力です!

気になる中身を少しだけご紹介!ネガティブでもいい!危機回避能力でうまく生きる

自分の後ろ向きな言動に対して「どうして自分はこうネガティブなんだろう・・・・・・」と、思い悩んでいる人は意外と多いのではないでしょうか。しかし、もともと人間はネガティブな思考をする生き物なのです。太古の昔、人が狩猟生活を営んでいた時代は、過酷な自然環境や獣との戦いなど、常に生命の危険に脅かされていました。そんな状況下では、いつも最悪を想定できる人が高い危機回避能力を持ち、生きのびる確率も高かったのです。つまり、心配性で臆病な人ほど強靭であり、生存能力にすぐれていたといえます。

こうした優位性が何万年も前から、DNAとして私たちに受け継がれているのです。ですから「人はネガティブで当然」「無理にポジティブなフリをしなくてもいい」と自信を持ってください。とはいえ、ネガティブな思いに支配されるのはつらいものです。うまく抜け出す方法も覚えておきましょう。

ポイントは浮かんでくるネガティブなイメージを、無理に振り払おうとしないこと。強く打ち消そうとするほど、かえってとらわれてしまいます。むしろ嫌な記憶や忘れたい場面を思い返し、心に浮かんだネガティブなイメージを縮小してみるのです。するとネガティブな思いが心に占める割合も小さくなり、その分、気持ちがラクになるでしょう。気が滅入る想像や妄想が頭から離れないとき、ぜひ試してみてください。

★ストレスに強い人と弱い人の差
★通勤時のゴロゴロおなかの原因
★夏と冬はうつになりやすい!?
★男性と女性でストレス解消法が違う?

などなど気になるタイトルが目白押し!

ストレスはためこんでしまうと心にも体にも不調をもたらします。ストレスがもとで引き起こしてしまう病気としてうつ病や不眠症、過敏性腸症候群などがありますが、特別な疾患がなかったり、目に見える異常が認められない場合もあり、誰にも言えずに一人で抱え込んでしまう人もいます。本書は、こうしたさまざまな悩みの原因となるストレスをためこまない解消法を解説するので、参考にしていただければ幸いです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 ストレスの話』
ゆうき ゆう 監

諸悪の根源であるストレスの解消法を医師が解説。そもそも自律神経が乱れるまでストレスをため込まない男女別の考え方と、たまってしまったらすぐに自宅で解消できる方法を、メンタルマネジメントや栄養、運動など実用的な内容で紹介しています。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内