SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

睡眠不足を寝だめでは解消できない!解消に3週間もかかる寝不足によって生じる「睡眠負債」とは!?【睡眠の話】

Text:西野精治

睡眠不足を寝だめでは解消できない

睡眠の専門家のあいだでは、睡眠不足が蓄積されて慢性化している状態を「睡眠負債」と表現します。「負債」という表現には、気がつかないあいだにふくれ上がってしまう、ネガティブなニュアンスがこめられています。

睡眠負債がたまると、脳や体にダメージを与える危険因子が蓄積されていくだけでなく、眠りたい欲求(睡眠圧)も強くなっていきます。

平日の睡眠不足を、「休日に寝だめして解消する」という人がいますが、これは、たまりたまった負債のほんの一部を返済しているにすぎません。つまり、自覚はなくても睡眠負債を抱えて生活していたと考えられるのです。

ふだん平均7.5時間睡眠の健康な人を対象に、毎日14時間ベッドに入り、好きなだけ寝てもらう実験を行なったところ、3週間後、平均睡眠時間は8.2時間で固定されました。このことから、1日40分ぶんの睡眠負債を抱えていたとわかったと同時に、日々の睡眠負債が清算されるのに、3週間かかることも判明したのです。

そのうえ、睡眠負債が解消されると、寝てもいいといわれても、体が必要とする睡眠時間以上には眠れない、つまり「睡眠預金」はできないことも明らかになりました。

休日の寝だめでは、日ごろの睡眠負債を完全に解消することも、睡眠預金もできないのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 睡眠の話』
監修:西野精治

ぐっすり、すっきりを同時に手に入れる。明日、人生最高の朝になる──。最先端の睡眠法で常識が変わる。今晩からできる睡眠革命! なかなか寝つけない、眠っても疲れがとれない、眠りが浅くて寝たりない──。多くの人が気になる睡眠のお悩み。スタンフォードに学ぶ最新の研究をもとに睡眠の科学的メカ二ズムを解明しました。つい人に話したくなる睡眠の新常識から、スムースな入眠のためのメソッド、睡眠習慣のつくり方まで、極上の眠りを手に入れる方法を、図解データとともにズバリ解説します。