SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

実験で4時間睡眠を5日間続けた人が陥った睡眠不足による恐ろしい症状とは!?【睡眠の話】

Text:西野精治

睡眠不足はイライラを増やしてハッピーを消す

人は睡眠不足がつづくと、イライラして怒りっぽくなってしまいます。20代の健康な若者を対象に、「8時間睡眠を5日間つづけたあと」と、「4時間睡眠を5日間つづけたあと」で、さまざまな表情の人の画像を見せて脳活動の様子を調べました。

すると、睡眠時間が短いと、恐怖や怒りなど不快な表情を見たときに、気分を悪くしたり、不安になったりしやすいことがわかりました。

脳には、感情が暴走しないようにブレーキをかける、前帯状皮質と扁桃体があります。しかし、睡眠不足の状態では、それらのブレーキがかかりにくくなることが明らかになったのです。

周囲の人のちょっとした言動がやたらと気に障ってイライラしてしまうときは、睡眠が足りていないからかもしれません。たった2日間程度の睡眠不足でも、ブレーキがかかりにくくなる変化がみられたとの報告もあります。

また、ノルウェー科学技術大学の研究報告(2020年)によると、睡眠を減らすと、翌朝のポジティブな気持ちが減少してしまうこともわかりました。

ポジティブな感情が失われることは、うつ病など多くの心の健康にもかかわります。

質のよい睡眠は、イライラを抱えこませず、気持ちを前向きにさせてくれる、よりよい生活に欠かせない存在なのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 睡眠の話』
監修:西野精治

ぐっすり、すっきりを同時に手に入れる。明日、人生最高の朝になる──。最先端の睡眠法で常識が変わる。今晩からできる睡眠革命! なかなか寝つけない、眠っても疲れがとれない、眠りが浅くて寝たりない──。多くの人が気になる睡眠のお悩み。スタンフォードに学ぶ最新の研究をもとに睡眠の科学的メカ二ズムを解明しました。つい人に話したくなる睡眠の新常識から、スムースな入眠のためのメソッド、睡眠習慣のつくり方まで、極上の眠りを手に入れる方法を、図解データとともにズバリ解説します。