SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

緊急事態下でも傍観してしまう人間の恐ろしい心理とは?【社会心理学】

Text:亀田達也

誰も女性を助けなかったのは無関心が原因?

1964年、ニューヨークの住宅街で、深夜に女性が自宅アパート前で暴漢に襲われ、刺殺される事件が起きます。

犯行は30分以上に及び、アパートの住人38名がこの騒動に気づき、中には窓から事件を目撃した者もいました。ところが、大勢の人がいたにも関わらず、誰ひとり彼女を助けようとしなかったばかりか、警察に通報した者すらひとりもいなかったのです。

なぜ住人たちは女性を助けなかったのでしょうか。事件後、マスコミは「大都市特有の冷淡さや他人への無関心さが背景にある」と論じましたが、心理学者のラタネとダーリーはそれだけでなく、多くの目撃者がいたことが、援助行動を抑制したのではないかと考えます。

この説を確かめるために行ったのが「傍観者実験」です。この実験は、初めに被験者である学生に集団討論会への参加を依頼。次に被験者は個室に案内され、インターフォンで他の参加者とともに議題についての意見を述べるよう指示されます。すると、突然、別の部屋にいる参加者のひとりが発作を起こし、インターフォンで助けを求めてくるというものです。

この実験は参加者が2人、3人、6人のパターンで行われましたが、その結果はラタネとダーリーの仮説を裏付けるものでした。

6人では4分経過しても60%の人しか報告しなかったのです。つまり、多くの他者がいるときほど、人は援助行動を起こしにくいという傍観者効果が証明されたわけです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学』
監修:亀田達也

「社会心理学」は、心理学の中でも重要かつ人気のジャンル。個人同士の協力、競争、攻撃、援助など「他者との関係」、そして集団、組織など個人を取り巻く「社会との関係」をテーマとする「社会心理学」を、わかりやすく、かつ堅苦しくならないように図解・イラストを用いて紹介する。「社会現象と心理学」、「職場における心理学」「社会の在り方と心理学」など、現代日本において興味深く読めるような身近なテーマを立てて、さらにこれまで行われた心理実験と結果など、「心理学」全般の内容を誌面に取り入れて解説する。会社、学校、家庭、友人ーー集団や社会の中の個や対人関係の本質、行動原理を社会心理学から読み解く1冊!