SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダイエットのために知っておきたいアミノ酸の話

Text:藤田聡

どのアミノ酸も体には欠かせない!

私たちの体に存在する10万種類のものたんぱく質は、わずか20種類のアミノ酸の組み合わせによって構成されています。そして20種類のアミノ酸は、9種類の「必須アミノ酸」と11種類の「非必須アミノ酸」に分けることができるのです。

「必須アミノ酸」とは、体内で合成することのできない、もしくは合成量が必要量に満たない9種類のアミノ酸の総称で、必ず食事から摂取しなければならないことから「必須」の言葉が用いられています。筋合成の促進と分解の抑制に関わる「ロイシン」、脂質の代謝に関わる「リジン」、神経伝達物質の日トルであるセロトニンの材料となる「トリプトファン」などがあります。

そして、必須アミノ酸以外の11種類が「非必須アミノ酸」に分類されます。いずれも疲労回復を促したり、睡眠の質を向上させたりと、重要な役割を持つものばかり。体内で合成できるため「非必須」と呼ばれていますが、私たちの体にとっては決して「非必須」ではありません。

20種類のアミノ酸のどれが欠けても筋肉をつくり出せず、不足すれば体の重要な機能にも支障が生じかねません。アミノ酸について知っておくべき理由はここにあります。

アミノ酸をしっかりと得るために、動物性から植物性まで、様々な種類の食品からたんぱく質を摂取し、アミノ酸の獲得に努めること。それが体づくりの基本であり、ひいてはダイエットに繋がるのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。