SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

筋肉は多ければ多いほど太りにくい!【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

筋肉は日々の合成カロリーを消費してくれる!

筋肉は合成と分解を繰り返しながら毎日少しずつ作り変えられています。たとえ運動しなくても、筋肉量を維持するために全体量のうち、約1.8%が日々生まれ変われます。そして、筋肉が作り変えられるときには、筋肉1kgにつき約541キロカロリーものエネルギーが必要です。

わかりやすいように、筋肉量の少ない人と多い人を比較してみましょう。筋肉量の少ない人(12kg)の場合、1日い合成される筋肉の量は全体の1. 8%なので約0.22kgとなります。筋肉1kgにつき約541キロカロリーが必要なので、0.22kgがつくり変えられるときに必要なエネルギーは約117キロカロリーとなります。

一方、同様の計算で筋肉量が多い人(23kg)の場合は、1日に合成される筋肉の量は0.41kg、必要なエネルギーは約224キロカロリーとなります。

簡単に言ってしまうと、筋肉量の多い人の方が、少ない人よりも3か月で1kg以上多く体脂肪を燃やせるということになります。エネルギー消費の差は一目瞭然なのです。

ダイエットの問題は、たんぱく質を減らした食事制限をしがちで、必然的に筋肉の少ない体になってしまうこと。こうなるといくらダイエットを続けても痩せにくいうえに、食事量を戻せば脂肪だけが増えるという悪循環に陥りやすいのです。たんぱく質を摂り筋肉量を増やすことは、ダイエットに大きな効果を生むのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。