SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

睡眠時間が短いと太る理由とは!?【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

睡眠不足は肥満になる確率を70%以上アップしてしまう!

現在、日本人の約20%が不眠症に悩ませれており、厚生労働省の調査によると1日の睡眠時間が6時間未満の割合は39.2%で、睡眠を短時間で済ませる人が年々増えています。

そして、睡眠時間の短縮が肥満の確率を増加させるといいます。平均睡眠時間が6時間に人は、7時間に比べて肥満になる確率が23%高く、さらに5時間の人は50%、4時間以下の人は73%も増加します。その理由は、睡眠不足はインスリン抵抗性を引き起こし、食後の血糖値コントロールがうまくいかなくなってしまうためです。

つまり、しっかり睡眠が取れていないとエネルギー消費が下がっているにもかかわらず、食べる量が増え、体重が増加してしまうのです。

睡眠の質を高め、翌日すっきり目覚めるためには運動がおすすめです。筋トレの場合、週1回だけでも効果があると認められています。また、夜に運動する場合は20時頃までに済ませるのがベターです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。