SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダイエットには運動しない日にたんぱく質は必要?不必要?【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

休息日にも摂取すべき!

運動とたんぱく質の摂取がセットなら、運動をしない日はたんぱく質を摂る必要がないかといえば、それは絶対にNO!たとえ運動を休む日であっても、たんぱく質の摂取は決して休んではいけないのです。

運動をしている間は筋肉が分解される状態へと進みます。しかし、運動時に食事を摂り、たんぱく質やエネルギー源としての糖質が補給されると、筋合成のスイッチが入って、筋たんぱく質の合成が始まります。

特に適度な負荷をかけた筋トレ後24~48時間までは筋肉の合成が高まっており、筋肉の生まれ変わるゴールデンタイムといえるのです。

この間、運動をしないからといってたんぱく質の摂取を怠ってしまったらどうなるでしょうか。せっかく筋肉が生まれ変わろうとしているのに、その材料となるたんぱく質が十分に届かなければ筋合成は進みません。

また、運動する日としない日で摂取するたんぱく質の量を調整してしまう人もいますが、運動後の休息日にこそ、しっかりとしたたんぱく質を摂取することが重要です。1日の目標量は運動している日と同じ、体重1kgあたり1.6g。毎食20~30gを目標に、特に朝は十分な摂取を心がけることで、効果的な筋肉増強が望めます。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。