SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイングは氣という軸を中心にクラブが回る円運動!【スウィングの真髄/辻村明志】

Text:辻村明志

ヘソと両足がつくる二等辺三角形【スウィングは三角形のなかで完結する円運動①】

「スウィングは三角形のなかで完結する円運動」は、荒川先生がもっとも口にしていた言葉でした。

円運動には中心があります。その中心は臍下丹田に鎮めた氣であり、「スウィングは氣という軸を中心にクラブが回る円運動」という先生の言葉も、同時に覚えておいてください。これはスウィングを理解するうえで、また上達するうえでとても重要な考え方です。

さて、そのうえで先生がとても重要と考えていた三角形が、アドレスでヘソを頂点に両足がつくる二等辺三角形です。まず、スウィングはこの三角形のなかで完結します。ここからはみ出し、また崩れたのがスウェーやオーバースウィング、フィニッシュでバランスを崩したスウィングです。

【書誌情報】
『ゴルフのトップコーチが教えるスウィングの真髄』
著者:辻村明志

上田桃子、小祝さくらプロをはじめ、女子のトッププロたちをコーチしている本書の著者・辻村明志氏。王貞治選手の一本足打法を作り上げた故・荒川博氏に師事し、ゴルフ指導に取り入れたことは有名だ。本書は、荒川氏から受け継ぎ、コーチングに活用している「氣のスウィング理論」を解説するもの。「氣は心を動かし、心が氣を動かす」という、同氏の考えに基づき、氣の力をゴルフスウィングに活かすことを目的に、その方法をイラストと写真を使いわかりやすく紹介する。