SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • 集中力が高まり仕事効率もアップ!空腹が“ 集中力”を高めるメカニズムとは?【専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方】

集中力が高まり仕事効率もアップ!空腹が“ 集中力”を高めるメカニズムとは?【専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方】

Text:関口 賢

空腹状態がもっとも集中できる?

「頭がすっきりした」「集中力が上がった」といった感覚は、ずぼら断食を始めるとすぐに実感していただけると思います。その理由は、炭水化物の摂取を控えることで眠気の原因となる血糖値の急激な乱高下がないから、胃腸の消化にエネルギーが使われないからなど様々ですが、胃が空っぽの状態が12〜16時間を超えると、「α波」を出す「ケトン体」が生成されるのも大きなポイントです。

ケトン体は3つの化合物の総称で、その中のひとつ「3‐ヒドロキシ酪酸」が脳内にとり込まれると、α波を多く発することが東北大学医学部の研究チームによって明らかにされています。

α波はリラックスした状態のときに発することで知られていますが、判断力や創造性、生産性を高めてくれ、ストレスを抑える効果もあります。つまり、脳を完全にリラックスさせるのではなく、しっかりと活性化してくれるのです。

さらに、脳内がα波の状態になると、鎮痛効果や幸福感などが得られる神経伝達物質のひとつ「β‐エンドルフィン」が出てポジティブなマインドへと切り替わるため、さらにやる気が湧いてきます。ずぼら断食は、ダイエット目的の人だけでなく、仕事の効率を上げたいときや集中力を高めたいときにもおすすめなのです。

出典:『専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方』

【書誌情報】
『専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方』
著:関口 賢

運動不足や日々の生活の忙しさなど、さまざまな理由で太ってしまった、さらに「何をやっても痩せない…」という人も多いと思います。そんな人に向けて、本書では10万人以上を痩せさせてきたダイエット専門鍼灸院の総院長である著者が考案した、自宅でできる究極のダイエット法『ずぼら断食』を紹介します。人間は食べることが必要不可欠ですが、食べることで不健康にもなります。体のためにと思って食べていたことが、逆に体の負担になってしまっていることもあり、それが肥満や不調の元になっているのです。まずは食べないことがどのような健康効果をもたらすのかを徹底解説。そのうえで、誰でも簡単に取り入れられる8時間断食から、痩せて体質改善もできる16時間断食、ストンと痩せて体がリセットできる24時間断食、さらにストイックにガッツリ体重を落としたい人向けの32時間断食など、自分自身の目的とやりやすさに合わせた4つのプログラムから選択できます。栄養過多な状態にある体を断食で一度リセットすることで、何をしても痩せなかった体がみるみる痩せていくだけでなく、慢性的に感じていた不調や健康診断の数値も劇的改善できます!ダイエットでなかなか結果がでない人も、疲れやすかったり、原因不明の謎の不調を抱えている人などにもぜひ手に取って頂きたい一冊です。