SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイングの動きには人それぞれ得意/不得意な動きがある!【フォース理論で飛ばす!/吉田洋一郎】

Text:吉田洋一郎

「垂直軸」が優位な人と「前後軸」が優位な人がいる

これら3つの軸は、それぞれが独立しているものではなく、複合的に連動しており、どれか1つだけの動きでスイングすることはできません。しかし実際は、「垂直軸」の成分が強い人と、「前後軸」の成分が強い人がおり、どちら軸の動きが優勢かのバランスは一定ではありません。これは、骨格や筋肉の特徴や動きのクセなどによって、人によってやりやすい動きが異なるからです。

そのため、巷のレッスンを見ていると、指導者自身がどちらのタイプなのかによってメソッドにも偏りがあり、それが合う人はうまく動けますが、合わないタイプの人にはしっくりこない、というケースもよく見られます。

本書ではその両方をカバーするように説明していきますが、出てくる動きについても「やりやすい動き」と「やりにくい動き」があると思います。ですが、それで構いませんので、やりやすいほうの動きを優先的に取り入れてください。

【書誌情報】
『フォース理論で飛ばす! 世界基準の飛距離アップ術』
著者:吉田洋一郎

飛距離アップの方法として、腕力に任せてクラブを思い切り振ること、そのために筋力トレーニングが必要と考えるゴルファーが多い。ただ、これは勘違い。飛ばすためには力んで振ってもダメですし、トレーニングによって直接的にスイングがよくなるわけではないのです。だからこそ、筋力に頼らないスイングを目指すほうが効率的といえます。では、飛距離アップには何が必要か。それが本書のテーマである「フォース」なのです。「フォース(FORCE)」とは英語で、「力」という意味。スイングに関わるすべての力で、筋力だけでなく、重力、反力、遠心力など自分の外にあるエネルギー(外力)も含んでいます。この本では、「フォース」を効率的に使ってスイングスピードを上げ飛距離を伸ばす方法を紹介。外力の中でも「地面反力」「遠心力」「反動」「ミッドハンドフォース」の4つに焦点を当て写真、図版を多用して解説しています。また、アマチュアゴルファー4人に著者が実践レッスン。「フォース理論」に基づく指導を1カ月行い、その成果も収録しています。