SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

元阪神エース井川慶が語る「よりスピンが掛かりやすい」フォーシームの投げ方とは!?

2003年、20勝を挙げ阪神タイガースの優勝に貢献した井川慶。

セ・リーグMVP、さらに沢村賞も獲得した。

その井川慶がフォーシームの投げ方を解説する。

若いころは指を開いていたが、ローテーション入りすることからは、指を閉じるようになったという。力が入りやすく、スピンが掛けやすいのだ。

毎試合1球、1球、感覚を試しながら投げていたという。

2002年から5年連続2桁勝利を挙げたその過程では、様々な工夫がなされていたのだ。