SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「キャッチャーやってると足が遅くなるぞ」と野村克也監督に言われた《レジェンド外野手・飯田哲也オンライントーク》

自称“若い頃は俊足だった!?”という野村克也の教え

1990年に野村克也がヤクルトの監督になった。

それまで1軍での出場機会がほとんどなかった飯田哲也さん。


しかし、野村克也監督は代走要因として本格的に1軍入りをさせてくれたという。

そこで言われたのは「おまえは何でキャッチャーやってるんだ?」という言葉。

加えて「キャッチャーやってると足が遅くなるぞ」と言われたという。