SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【横浜DeNA】仲が良くても、若手に全てをアドバイスすることはない理由とは!?《伊藤光オンライントーク》

プロ野球選手の宿命は自分がレギュラーで試合に出ること!!

32歳になった伊藤光。

若手へのアドバイスはどの程度するものなのか?


伊藤光は技術的なこと全ては伝えないという。

なぜなら自分がレギュラーとして試合に出ることがプロ野球選手の存在価値だからだ。

これは伊藤光に限った事ではなく、全プロ野球選手がそうであるはずだと語る。


だからといって仲が悪いというのとは違うという。

たとえば11歳年下の益子京右には「自分が20歳の頃はケガで野球をできなかった」という経験談を話したりはするという。