SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

ドライブシュートってどうやって蹴るの?打ち方・蹴り方を解説!

繰り返しの練習が必要

ドライブシュートを蹴る際に重要になってくるのが、「縦回転」です!

普通のシュートよりも深く踏み込んだり、足を入れる角度を変えることで、ボールに触れている時間を長くして縦回転をかけることができます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

縦回転をかけるために、ボールが浮いている状況や置いてる状況によって、インステップ(足の甲)やインフロント(親指の付け根)を使い分ける必要があります。

ドライブシュートは浮いてるボールと地面に置いたボール、どちらのシチュエーションからでも打つことができます。

浮いたボールの際は、インステップ(足の甲)でボールを下から上にこすり上げるようなイメージで蹴ります。比較的ボールに触れている時間を長くすることでボールに縦回転がかかり、急激に落とすことができます。

そして、浮いているボールの際はボールに対して正面から入り、ボールが落ちてくる瞬間が狙い目になります。

置いたボールの際は、ボールに対してややななめから助走を取り、軸足はボールの真横に置き、インフロント(親指の付け根)でボールをこすり上げるようにして蹴ります。普段より深く踏み込み、ボールに触れる時間を長くすることを意識します。

そして、フォロースルー(蹴った後の動作)は上にそのまま振り抜きます。

浮いているボールと地面に置いたボールのどちらもドライブシュートを打つのは、高難易度のため、習得には繰り返しの練習が必要不可欠です。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。