SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

サッカーのシャドーストライカーに求められる「3人目の動き」とは!?

ストライカーの周りで活躍

シャドーストライカーの役割を担う選手はどのポジションで使われることが多いのでしょうか。

シャドーストライカーは、基本的にはストライカーの周りで活躍します。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

なので、フォーメーションが2トップの場合は、ST(セカンドトップ)、1トップの場合は、OMF(オフェンシブミッドフィルダー)つまりトップ下と言われているポジション、の2つがメインになってきます。

そのポジションでシャドーストライカーは、ストライカーのサポートをするように動いたり、自分がゴールを取れるように動いたりします。

そこで重要となるのが、シャドーストライカーが担う「3人目の動き」です!

「3人目の動き」とは、パスの出し手と受け手以外の選手の動きの事を言います。

「3人目の動き」をすることで、相手DF(ディフェンダー)の守備を崩し、その選手は相手のマークから外れることができるのです。

というのも、相手ディフェンダーは、パスの出し手と受け手に注意が向くからです。また、オフサイドにかかる可能性も低くなります。

シャドーストライカーは「3人目の動き」をタイミングよく行うことで、フリーになり、ゴールを狙ったり、ラストパスを出してアシストをしたりします。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。