SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【ゴルフ基本】バンカーショットから抜け出すコツ①

【基礎知識】ゴルフのバンカーの特徴やルールを知ろう!

バンカーとは、ゴルフのコースを形成する一要素でウォーターハザードと並ぶハザードに属します。

形や大きさはまちまちですが、砂で満たされ周囲の地面より数10cm程くぼんでいるのが特徴です。

プロ野球・Jリーグなどの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

バンカーにボールが入ったら、

・ショットするまでクラブで砂に触れてはいけない

・枯葉などの些細な障害物であれば取り除いて良い

→2019年ルール改正でペナルティなしに取り除けるようになっています。

というルールがあります。

初心者の方は、なかなかバンカーから抜け出せない経験を何度か味わった事があるのではないでしょうか?

コツを紹介!バンカーではどうやって打つ?打ち方を変える!?

初心者の多くは、バンカーからすくい打ちをして脱出しようとして失敗します。

すくえばすくうほど出ないと言われています!

ではフェアウェイと同様の打ち方が良いのでしょうか?

通常のバンカーショットは、ボールの手前にヘッドを入れて砂を爆発させて飛ばします。

上から叩くイメージを持つくらいが丁度いいとされています。

ダフるように打つ事で、初心者でもバンカーで大叩きをする事は減らせそうです!

バンカーでボールが埋まってしまう事もありますよね?

この状態を「目玉」と言います。

目玉での打ち方のコツは、ヘッドをかぶせて球の周りの砂を一緒にえぐるようにして打ちます。

無理に振り抜かないようにしましょう。

アプローチ(ピンに寄せる)ではなく、脱出優先をイメージしましょう!

プロ野球・Jリーグなどの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。