LOVE SPORTS

株で損しても前向きに!取引の失敗から学べる事とは?【文系女子が幸せになる投資BOOK】

仕事や恋愛と同じように株でもタイミングがとにかく大事

恋愛や仕事において、タイミングはとても大事ですよね。同じ人に同じようにアプローチするとしても、相手が今、フリーなのか、恋人をほしがっているかどうかで結果は大きく変わってくるでしょう。株にも同じことが言えますが、利益をしっかり得るためには、タイミングをモノにする必要があるのです。

株価が上がるのを待ち続けていたらいつの間にか下がってしまっていた、なんていうのはよくある話。人間関係においてもタイミングを逃してしまってからの立て直しは難しいものですが、株も同じです。だからこそ、タイミングの見極めはしっかり行いたいですね。

失敗から学べることは必ずある!損しても落ち込まず、前向きに

場合によっては「持っている株がどんどん値下がりしてしまい、今後も値上がりしそうにない」という事態も起きるかもしれません。そんな状態の時に株を売って損失を確定させることを「ロスカット」「損切り」と呼びます。

ロスカットの目的は、ズルズルと損失が大きくならないうちに思い切って手放すことで、損失を最小限に抑えること。このロスカットをいかに効率的にできるかが、株式投資でのトータルの成否を決定する、重要なポイントとなります。

誰もが当然、利益を出すことを期待して買っているわけですから、その結果に落ち込んでしまうかもしれません。でも、別れは新たな出会いの始まり。悲しい失恋も、視点を変えれば新しい恋のチャンスであるように、ロスカットも、新たな会社との出会いのための通過点と言えます。だからこそ、傷が小さいうちにロスカットすることが大切なのです。

出典:文系女子が幸せになる投資BOOK

【書誌情報】
『文系女子が幸せになる投資BOOK』
大竹 のり子 著

「数字や計算式が苦手だから…」という理由で投資に踏み出すことができない文系女子のために、難解な数式などはできる限り払拭し、文章をメインに投資の基礎知識をわかりやすくまとめました。投資信託や株式運用の基礎から、金融商品の売買のコツまで、この一冊でマスターすることができます。もちろん、女性におすすめの株商品や証券口座紹介など、実践的な情報も満載。さらに、文系女子ならではの豊かな感性を投資に生かす方法も紹介しています。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内