LOVE SPORTS

カラスが好きな生き物・嫌いな生き物とは?【カラスの話】

好きな生き物、嫌いな生き物

カラスは特に他の鳥や動物と仲良しということはありません。しいて挙げるなら、アメリカではワタリガラスがオオカミの群れの後をついて行き、オオカミが獲物を獲るとおこぼれにあずかろうとするとは言われています。とはいえ、好きというより「利用している」と言ったほうがいいような。一方、嫌いな鳥はいます。カラスは猛もう禽きん(ワシ・タカ)とフクロウが大嫌いです。理由は簡単、どちらもカラスを襲って食べることがあるからです。オオタカのような大型の猛禽はカラスを狙うことがあります。夜になると、シミミズクやフクロウのような大型のフクロウ類が寝ているカラスを狙います。カラスにとっては恐るべき天敵なのです。

そのため、カラスのほうが先に猛禽に気づくと、大声で鳴きながら追い払おうとします。この声を聞くと近くにいるカラスも大騒ぎし、ときには集団で襲いかかることもあります。猛禽といえども、こちらに気づいているカラスを仕留めるのは簡単ではありません(不意をついて襲いかかれば仕留められます)。単に通りかかっただけということもありますが、そういうときもカラスが突っかかってくるので、嫌そうに逃げて行きます。大騒ぎされては他の鳥も気づいて逃げてしまうので狩りもできず、さっさと場所を変えたいのでしょう。フクロウも、昼間にカラスに見つかると大変です。追い回された挙句、袋叩きにされて死んでしまうことさえあります。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 カラスの話』
著: 松原始

「カラスはなぜ怖いのか?」がわかる本!黒い羽を虹色に輝かせ、時に人を威嚇し、悠然と街を歩く。不吉なシンボルとされる一方、賢さで知られる彼らの生態や魅力を面白く伝える1冊です。「カラスはほんとは怖くない!? 」「 読めばよむほど、好きになる!?」

公開日:2021.05.06