LOVE SPORTS

免疫力を高める為に実践したい血液循環を良くして体温を上げる呼吸法とは?【一流が実践する人生を変える呼吸法】

血液の循環によって酸素が体内に巡っていく

呼吸で取り入れた酸素を、全身の細胞に運搬する役目が血液です。酸素は毛細血管を通りますが、酸素を含んだ血液は、肺から肺静脈を通り心臓の左側に向かい全身へ送り出されます。

つまり、血液の循環によって、体内の細胞に酸素が巡っていくのです。

血流が悪くなると、体へ十分な酸素が運ばれないため、多くの不調を引き起こしてしまいます。また、酸素だけでなく、栄養や老廃物を運ぶ役割も担っているため、血行不良になると、それらが全身の隅々まで行き渡らなくなります。

そのため、体のどこかで老廃物が蓄積され、疲労物質となり、それが首や肩、背中の筋肉で滞ったときに、コリの原因となる痛みやむくみになるのです。

なぜ血流が悪くなってしまうのでしょうか? 要因は様々ですが、運動不足や生活習慣の乱れ、日頃のストレスなどが主だと言われています。

血流を改善するには、これらの問題を解決するのが一番ですが、今までできなかった人が、生活習慣を簡単に変えられるほど甘くはありません。そこで「呼吸法」が一助となるのです。

出典:『一流が実践する人生を変える呼吸法』著/宮﨑裕樹

【書誌情報】
『一流が実践する人生を変える呼吸法』
著者:宮﨑裕樹

人間が健やかに生きていくうえで大切な呼吸を整えることで、腹横筋、肩甲骨などの体幹部や臓器を活性化し、ストレッチやトレーニングの効果を飛躍的に高めるメソッドを紹介する一冊。一流のスポーツ選手や数多くの芸能人が、実際に取り組んでおり、健康を高めつつ、ストレスを軽減した生き方のヒントがここにあります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内