LOVE SPORTS

一流のリーダーになるには?【人を動かすリーダー力】

Text:新 将命

リーダーには「人に助けられる能力」も大切

何でもできる多才の人でなければ理想のリーダーになれないのでしょうか。実は、そうではありません。

リーダーとは、チームで最高の結果を出す人ですから、それが最善であれば、縦横に部下の力を借りることもできて一流のリーダーと言えるのです。

古代中国の漢王朝を建てた劉邦(りゅうほう)は、戦(いくさ)に出ると負けで連敗街道まっしぐらの、どこからどう見てもダメなリーダーでした。

将としての才に長(た)けていたライバルの項羽(こうう)とは対照的に、劉邦は、将としては失格でした。

しかし、軍師である張良(ちょうりょう)、将軍であった韓信(かんしん)は、劉邦を見限らず、劉邦に君主の器を見いだし、彼らの才覚をもって劉邦は項羽に勝ち、漢帝国の高祖となりました。

劉邦のダメさには隠れた美点があったのです。

それは、いわば「人に助けられる才能」でした。

古代ローマの研究で有名な塩野七生(しおのななみ)氏は、「優れたリーダーとは、優秀な才能によって人々を率いていくだけの人間ではない。率いられていく人々に、自分たちがいなくては、と思わせることに成功した人でもある」(『ローマ人の物語Ⅱ』新潮社)と言っています。

部下に助けられる才能も、立派なリーダーの条件なのです。

部下に「自分たちがいなくては」「自分たちがこのリーダーを支えなくては」と思わせることも、また人間力のなせる業(わざ)と言えるでしょう。

部下が積極的に助けてくれるようになれば、リーダーとして一歩、一流に近づいた証(あかし)です。

【出典】『面白いほど役に立つ 図解 人を動かすリーダー力』
著者:新 将命  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
新 将命(あたらし まさみ) 株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長。1936年東京生まれ。早稲田大学卒業。シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。現在、ライザップグループ株式会社など数社のアドバイザーを務める。「伝説の外資トップ」と称され、“実論”にもとづいた独自の経営論・リーダーシップ論には定評がある。


部下が付いてこない。どうしたらいい?チームをやる気にさせるには?リーダーにふさわしい話し方は?チームの力を最大限に発揮させる!伝説の外資トップが伝えるリーダーの仕事術。職場のリーダーとして、部下や上司など、人を動かし、結果を出すスキルをわかりやすく図解しました。仕事のさまざまな困ったことを即解決し、スキルアップするノウハウが満載です。メンバーのやる気の引き出し方から、部下の育て方、業績アップの方法、勉強時間のつくり方まで、デキる人になる最強の法則が身に付きます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内