LOVE SPORTS

本物のリーダーになるには?【人を動かすリーダー力】

Text:新 将命

知恵と勇気を授けてくれるメンターを探そう

ビジネスパーソンが成功の道を歩むためには、メンターという存在は不可欠と言えます。

欧米では、3人のメンター(Mentor)がいれば、その人の人生はバラ色であると言います。

メンターとは、ひと言でいえば「人生の師」です。

自分のことをよく知っていて、いつでも親身になって相談に乗ってくれる人であり、知恵と勇気を授けてくれる人をメンターと言います。

私に「人間力」の大切さを教えてくれた大先輩も、私のメンターのひとりでした。

では、どういう人がメンターになり得るのでしょうか。下図にポイントを3つ挙げてみました。

会社の上司がメンターであれば、これほど幸運なことはありません。しかし、往々にしてコトはそううまく運ばないものです。

社内にメンターがいない場合は、どうすればよいでしょうか。

リーダーに奨めたいのは、外に出てメンターを探すことです。社外のメンターと出会うチャンスは、探せばいくらでもあります。異業種交流会やセミナーや研究会に参加するのもよいでしょう。

人と出会う機会をつくり、謙虚な姿勢で優れた人の輪の中に入れば、必ずどこかで尊敬できる相談相手に巡り合えます。

メンターとは、意識して「探すもの」です。それでも見つからないときには、書物にブックメンターを見つける方法もあります。いわゆる「座右の書」です。

ドラッカー、カーネギー、安岡正篤は、私にとってのブックメンターでした。

【出典】『面白いほど役に立つ 図解 人を動かすリーダー力』
著者:新 将命  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
新 将命(あたらし まさみ) 株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長。1936年東京生まれ。早稲田大学卒業。シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。現在、ライザップグループ株式会社など数社のアドバイザーを務める。「伝説の外資トップ」と称され、“実論”にもとづいた独自の経営論・リーダーシップ論には定評がある。


部下が付いてこない。どうしたらいい?チームをやる気にさせるには?リーダーにふさわしい話し方は?チームの力を最大限に発揮させる!伝説の外資トップが伝えるリーダーの仕事術。職場のリーダーとして、部下や上司など、人を動かし、結果を出すスキルをわかりやすく図解しました。仕事のさまざまな困ったことを即解決し、スキルアップするノウハウが満載です。メンバーのやる気の引き出し方から、部下の育て方、業績アップの方法、勉強時間のつくり方まで、デキる人になる最強の法則が身に付きます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内