LOVE SPORTS

今が生きづらい人必見!自由な気持ちで生活を送れるためにはどうしたらいいのか?【心理学の話】

Text:渋谷昌三

いろいろな顔を持つと自由な気持ちになれる

大学生が万引きをしたというのと、医者が万引きをしたというのでは、世間の見方がガラリとかわります。医者のほうが非難されるのが一般的です。

これは「医者なのだからお金に困っていないはずなのに」とか、「人を助けるのが仕事なのに」といった、その人(職業)に対する人々のイメージが影響しています。どんな職業、どんな人であっても、このイメージから完全に自由になることはできません。それが「他者にとっての自分」でもあるからです。

けれど、自分自身がそのイメージにとらわれすぎるとストレスになる場合があります。例えば「いい父親」「できる上司」という理想像を求めすぎると、そこから外れた要素を自分に感じるたび、ダメな自分を責めてしまうかもしれません。目標を持つのはいいことですが、そうでない自分を許せないのはつらいことです。

人は誰でも、いろいろな顔を持っています。夫であり父であり、上司でも部下でもある。

人から見られたい自分、見られている自分を「公的自己意識」といい、自分の気持ちに素直な姿を「私的自己意識」といいます。どちらも必要なものであり、バランスを保つことでストレスの少ない、スムーズな日常生活が送れることを認識しましょう。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 心理学の話』

【書誌情報】
『図解 心理学の話』
著者:渋谷昌三

「心理実験で本当の自分がわかる!」「イエスと言わせる交渉術とは?」「恋が長続きする魔法の法則は?」 ヒトの心と行動の謎をトコトン解説! ストレスフルな毎日、いつの時代も悩みが尽きない“ヒトの心”の謎。なぜか攻撃的な人の心理状態、苦手な人との心の距離の置き方、好きなあの人は何を考えているの?……。わたしたちの身近にあふれる心の謎を、さまざまな心理実験や図解、イラストを交えて分かりやすく解説します。心理学とは、人の心のしくみを知る科学のこと。本当の自分を知る方法から、人間関係の悩みを解決するスキル、気になる人の気持ちをつかむ恋愛テクニック、自分の評価を上げる心理ワザまで、日常生活やビジネス、恋愛で使える心理学の法則や最新テクニックが楽しくわかります。知っておきたい心理学の知識が満載です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内