LOVE SPORTS

月と地球は兄弟なの?【宇宙の話】

Text:渡部潤一

月は惑星と地球の巨大衝突によってできた

月の直径は地球の約4分の1です。実は太陽系の衛星のなかで、惑星の大きさに対してこれほど大きい衛星はほかにありません。

木星の衛星は27分の1、火星の衛星は310分の1ほど。月がなぜこれほど大きいのかについてはまだ解明されていません。

そんな月の起源については長年議論されてきました。月起源の主な説は次の3つでした。

● 親子説(分裂説)……誕生直後に、高速で自転する地球の赤道付近の一部が遠心力でちぎれて飛び出した。

● 兄弟説(共成長説)……微惑星から原始地球が形成されるときに、同じガスやちりからできた。

● 他人説(捕獲説)……別に形成された微惑星が、地球の引力にとらえられた。

しかし、計算上、微惑星表層がちぎれるほどの回転数ではなかったことがわかったり(親子説)、地球と月の内部構造がまったく違うのは変だったり(兄弟説)、自分のおよそ81分の1を超える質量を持つ天体を捕まえることは困難だったり(捕獲説)と、どの説にも疑問が残りました。

そこに登場したのが「ジャイアント・インパクト説」でした。

この説を提唱したのはドン・デービスとウイリアム・ハートマン。1975年のことでした。

惑星と地球の衝突で誕生したのであれば、衝突した天体の破片と原始地球のマントル層が吹き飛ばされ主成分になったと考えられ、月に金属の核がほとんどないことも説明がつきます。

これはコンピュータによるシミュレーションとも合致して、この説が現在ではもっとも有力視されています。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 宇宙の話』
監修:渡部潤一 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
1960年、福島県生まれ。 1983年、東京大学理学部天文学科卒業、1987年、同大学院理学系研究科天文学専門課程博士課程中退。東京大学東京天文台を経て、現在、国立天文台副台長・教授。総合研究大学院大学教授。太陽系天体の 研究のかたわら最新の天文学の成果を講演、執筆などを通してやさしく伝えるなど幅広く活躍している。主な著書は、『最新 惑星入門』(朝日新書)、『面白いほど宇宙がわかる15の言の葉』(小学館101新書)など。


地球は宇宙のどこにあるの? 太陽が巨大化するってホント? 宇宙はいくつもあるの? 素朴なギモンに即答.。宇宙のナゾに迫る! 地球の生い立ちから、お隣の天体・月の謎、太陽と惑星の素顔、恒星と銀河、宇宙論まで、最新の天文学、宇宙物理学、惑星科学に踏まえてやさしく解説。豊富なイラスト、約50のテーマで、夢とロマンに満ちた、いちばん新しい宇宙の姿がよくわかります。太陽系のナゾから最新の宇宙理論まで、宇宙のフシギをズバリ解明します!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内