LOVE SPORTS

8つの指の間隔が示す人の性格的特徴とは!?【手相の教科書】

「指」を見る

指はエネルギーの入り口と言われており、気が指先から入って手のひらを伝わり身体全体に伝わります。指先はもちろんのこと、指をきれいな状態にしておくことは、良いエネルギーをたくさん吸収できるということにつながります。

また、指は人との関係性にもかかわっています。親指は親、人さし指は他人、中指は自分、薬指は身内、小指は子孫というように5つの関係性をそれぞれ示しています。それぞれの関係性を良好にしたい場合は、各指の意味を意識しながらマッサージをしたり、オイルやクリームなどを使用して、指に張りとツヤを保つことで、関係性はどんどん良くなっていきます。ぜひ、日頃から意識してやってみてください。

指と指の間隔で性格を見る

手を自然に出した時の様子から様々な性格を読み取ることができます。初対面の人など手相を見ることができなくても、手を出してもらうだけである程度のことがわかるのです。「手を開いて出すタイプ」は、心がオープンな状態で積極的で行動的な状態、「手をすぼめて出すタイプ」は、消極的で心が晴れ晴れしない状態など、その時の心理状態を判断するのに役立ちます。

手の出し方は心理状態によって常に変化するものです。本来持っている性格的特徴を判断するために、TOMO流では各指の間隔を見ることを重要視しています。力を入れずにリラックスした状態で開いた手を見るのがポイントです。

指の間隔には、その時の心理状態とは関係なく、持って生まれた資質が現れていますし、早々変わることはありません。何より簡単に「自分を知る」、「相手を知る」ことができますので、性格判断に大いに役立てください。

持って生まれた資質が現れる指の間隔6タイプ

【親指以外の4本の指の間隔が均等な人】
バランスの取れた人で、平和主義者で性格的にも明るく、人間関係も良好なタイプです。何事も万能にこなせる人で着実に社会的地位が向上していきます。

【親指と人さし指が大きく開いて離れている人】
ざっくばらんな性格で気前が良く、広い心の持ち主です。社交的で人と接することが好きなタイプであり、とても行動的な人です。親指と人さし指の開きが90度近くの人は、自立心や独立心の強いタイプです。

【親指と人さし指がくっついている人】
性格的にはかなり慎重で、まじめで正直者です。忠誠心があり、口も堅く重要なことを任せられるタイプです。

【親指と人さし指の開き具合が45度くらいの人】
慎重さと行動力を適度に併せ持つ人で、しっかり考えてから実行するタイプです。性格的には中庸な人で、日本人には一番多い形です。

【人さし指と中指の間隔が広い人】
協調性に欠ける面があり、人づき合いはあまり得意ではなく孤独を好むタイプです。知識欲が旺盛で、様々な分野での活動や独立して活躍する傾向があります。束縛されるのが嫌いで自由に動けるほうが力を発揮できます。

【薬指と中指の間隔が広い人】
大変頭の切れる人で、物事や人の本質を見抜く力のあるタイプです。個性を活かせる立場や仕事が合っている人です。何かと身内の世話をする機会が多い人です。

【薬指と中指がくっついている人】
穏やかで人づき合いも良く、何よりも協調性を大切にするタイプです。自然や平和を愛する心が優しいタイプで、人に安心感を与える人です。

【薬指と小指の間隔が広い人】
自由奔放な性格で自己中心的なタイプです。安定よりも変化を好み、好奇心旺盛で思ったことは何事も試してみる人です。とにかく人生を楽しみながら生きていく人です。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。