LOVE SPORTS

安定したナイスショットを打つ為に一番大切なこととは?

アドレスは、体が開かないことが一番大事

「ゴルフはアドレスが大事」といいますが、実際にはどのような構えをとればいいのでしょうか。形を説明するのは簡単ですが、ここではアドレスに課されたミッションをもとに考えてみたいと思います。

目的はもちろん安定してナイスショットを打つことで、そのために何が一番大事かというと体が開かないことです。

ゴルフに限らず、すべてのスポーツにおいて体の開きはパフォーマンスを著しく低下させるといわれ、ゴルフでは、右肩や右ヒザが突っ込んでスイング中に体が開いてしまうとさまざまなミスショットを招きます。ですから、体の開きが起こりにくいようにしておくことがアドレスの重要なミッションになるわけです。

この練習の狙いは、体の開きを抑えて手元が低い位置を保ち長いインパクトゾーンを作ることです。そのためには、大きな物を持ってスイング動作を行うことが近道だと私は考えます。 ほとんどのアマチュアはスピンアウトといって、体を横に回そうとして右サイドが突っ込みます。これをカゴ練で行うと相手や壁に当たってしまう動きです。当然当たらないようにしますから、覚えてもらいたい動きになるのです。カゴを左に回しながら持ち上げ、その向きのまま低い位置に下ろしてきます。

カゴを下ろしてからどうなるかというと、カゴを右に回したままでは不自然ですから、カゴを回しながら自分の正面のスペースを通そうとします。これはフェースターンに他ならず、つまりクラブを持つ前に大事な動きを覚えることができるということです。いきなりゴルフクラブを振ると、バックスイングで右ヒジが体の後ろに外れてしまう人や、体の上に外れてしまう人がたくさんいますが、カゴのような大きな物を持つと、それらの動きがおかしいことに気づくのです。

具体的には前傾姿勢をとった状態から骨盤を左に寄せておきます。これで体が開きにくくなりますし、左軸でスイングするための準備ともいえます。多くのアマチュアは右軸でスイングしますが、それだと体が開いてしまいますので、アドレスの段階で左軸を作っておくことが大事です。右利きのゴルファーが自然に構えると右に重心が乗ってしまうので、意識的に骨盤を左に寄せましょう。

【書誌情報】
『ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!』
著者:三觜喜一

本書の著者は、ゴルフスイングについて「簡単に言ってしまうと直線運動ということ。回転する部分もあるが、直線イメージでとらえることで、スイングはシンプルになる」と言う。そこで、この本では、「スイング=直線運動」に基づいた体の動かし方を学ぶドリルをはじめ、アドレス、グリップ、そしてスイングの具体的な直線動作をわかりやすく解説。また、著者の指導現場で連携しているトレーナーとスイングと体の動きについて対談。スライス、ダフリといったミスショットの具体的な修正法も収録した。